起きていることを喜ぶ心

私達の身の周りでは毎日様々なことが起き続けています。そうして起こったことに対して、イライラしたり、悲しんでみたり、喜んでみたり、あらゆる反応をするわけです。

それが私たち人間の習性でもあるわけです。そしてそのことに何の疑いも持ってはいません。つまり、悲しいことが起きれば悲しいと思うし、嬉しいことが起きるから嬉しくなると信じています。

しかし、このことはよくよく見つめてみると、本当ではありません。何が本当ではないかというと、○○なことが起きるから○○な気持ちになるという因果関係です。

これは正確に表現すると、次のようになるはずです。ある事象が起きて、それを○○な出来事として解釈したために○○な気持ちになったということです。

つまり、私たちはある事象が起きてそれを○○な出来事だと解釈するという手順を、しっかり把握せずに単に○○な出来事が起きたとしてしまっているのです。

自分の解釈によってある出来事を○○な出来事であると決め付けているということに気づいていません。このことはあらゆる場面について例外なく言えることなのです。

したがって、本当はどんな出来事が起きてもそれをどう解釈するかによって、○○な気持ちになったり、××な気持ちになったりすることができるということです。

だとすると、自分がいつも喜んでいたいと思うのなら、ある事象が起きたときに喜ぶべき出来事が起きたと解釈することができれば、必ず自分は喜ぶことができるということになります。

この世界ではありとあらゆる出来事が自分の身の回りで起きていますが、その中でできるだけ多くの出来事に対して喜ぶべきことだとの解釈をするようになれば、それだけ喜びの多い人生にしていけるということです。

あなたは自分の人生で遭遇するさまざまな出来事に対して、どんな解釈をしてどんな気持ちになることが多いでしょうか?

何であれ起きていることを喜んで迎え入れるような解釈ができるようになれたら、本当に喜びにあふれる人生を手に入れることができるということです。

起きていることそれ自体には何の意味もありません。それに意味づけをしているのはほかでもない自分の解釈なのです。

それなら、できる限り肯定的な解釈、楽しい解釈、嬉しい解釈、喜びの解釈ができるようにすれば、すばらしい人生になるはずです。試してみる価値がおおいにあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。