自分の年齢

昨日は誕生日だったのですが、自分の年齢がリアルに信じられない思いでいっぱいです。あと、4年で還暦ですよ~。自分が、60歳ってどういうことか、よく分かりませぬ。

全くといっていいくらいに、現実感がないのです。ついこの間まで自分は若者だよと思っていたつもりだったのに、初老に差し掛かると言えば言えるわけで…。

今思い出したのですが、自分が40歳になるというときにも何だかひどく不釣合いな感じがしていました。心の中は18歳くらいの感じがしていたので。

でも今は40歳じゃなくて、60歳という年齢を話題にしているわけで、何とも形容し難い数字に戸惑わないわけには行きません。

どういう60歳になるのか、どこから見ると自分を60歳だと認識できるのか、60歳とはどういうことなのか、何も理解することができないのです。

で、結局きっと今のままでさらっと60歳を迎えることになるのだろうと予想できます。だって、それ以外どうしようもないのですから。

ふと、周りを見たときに自分よりも年上の人がいないと気づいてびっくりすることもあります。個人セッションや講座、セミナーなどでも自分がほぼ一番年配なのですね。

きっと、年齢は自分が作り出すものなのだろうなと思っています。そう考えると、年齢って本当にナニモノなんだろうかと思えてきます。

人は誰でも自分の心の中心に自己像を作り上げてそれを大切に保存しているのです。自画像、あるいは自己イメージと言ってもいいでしょうね。

その自己イメージには年齢という要素もあるはずです。自分の場合には、それがとてもあやふやで自分は何歳だというものが欠落しているようです。

それでも平気で生きています。逆に年齢的な要素がないままの自己像を大切にしてしまえばいいのかなという気も、今書いていてしてきました。

それなら、不釣合いといった思いをすることもなくなってしまうでしょう。その方式でこれからずっと生きていこうかと思っています。そのほうが楽しそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。