真珠婚式

私事なのですが、今日11月1日は30年目の結婚記念日なんです。今、「結婚記念日」で検索してみたのですが、30年目は「真珠婚式」というらしいですね。

ちなみに、よく耳にする銀婚式は、25年目、金婚式はなんと50年目だそうです。やばい、銀婚式はとうに過ぎていたのか…。

歳もとるし、ふけもするはずです。銀婚式をゆうに超えていたとは。我ながら継続は何とかと言いますし、そこそこすごいなあと。

今の仕事をするようになって、もうすぐ丸11年が経とうとしていますので、結婚生活のうちの三分の一に相当するのですね。

自分の中では、まだまだ新米セラピストだという感覚が強いのですが、それはサラリーマン生活が長かったからかもしれません。

しかし、人間て時間じゃないというのは本当ですね。22年間のサラリーマンの時代と比較して、その半分であるセラピストになってからの期間の気づきは、とても比較できないくらいです。

期間は半分でも、気づきは一万倍以上あるかもしれません。正直言って、サラリーマン時代の自分の人生は不遇でした。

サラリーマンであることや、勤めた会社が悪いということではまったくなく、ただ自分の精神状態がよくなかったということに過ぎません。

それはあまりに忙しすぎて、自分を見つめる時間がなかったことが一番の原因かもしれないですが、そうした環境になってしまったのも自分のなせる業だと今では分かります。

自分を真正面から見つめることに恐れを感じている人は、大抵多忙を極めています。忙しくすることで目を逸らしていることを正当化できるからですね。

セラピストになって、その真逆、いやというほど自分を見せ付けられる生活を日々送ることになったのです。それはすべて、クライアントさんのおかげなわけです。

セラピストになって、ド貧乏生活になりましたが、今日くらいは夫婦でささやかな食事会をしようと思っています。我が奥様、30年間ご苦労様そしてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。