気づいている訓練

今年一年を通して、是非続けて行きたいと思っていること、それは去年に引き続いて、毎瞬毎瞬に気づいているということです。言葉で言うは易しなのですが、これが実に難しいのです。

難しい理由の一つには、そもそもそのことを忘れてしまうということがあります。テレビを見ている時、本を読んでいる時、誰かとお話しをしているとき、すぐに「気づき」を失ってしまうのです。

独りでいて、特別何もせずにいるときには、それを思い出して今この瞬間にただ在ることはできるのですが、それもほんの少しの間だけ。すぐに忘れてしまいます。

その忘れ方といったらもう、本当にいやになってしまうくらいです。毎朝30分程度クルマを運転して、スポーツクラブに行くのですが、自分では絶好のチャンスだと思っていながらも、忘れてしまうのです。

右側通行をしているダメな自転車だとか、クルマを気にせずに道路を横切る歩行者、そうした諸々に少しでもイラッとさせられてしまうと、たちまちのうちに忘れてしまいます。

それでもなおしぶとく続けて行こうと思う理由は、その瞬間に気づいていることによって、より意識的でいられるようにするためです。

注意深くいて、常に意識を保っていられれば、それだけ無意識のマインド部分が少しずつ意識へと持ち上げられていくからです。

動物は完全な無意識であり、光明を得た人は完全に意識的であるため、どちらも苦悩というものがありません。私たち人間だけが、約一割だけが意識的で残りの部分は無意識なのです。

だから常に葛藤を抱えているのです。もしも、人間としての苦悩から解放されたいのであれば、動物に戻るかその反対に光明を得るかのどちらかしかありません。

今年一年かけて、どれだけ気づいていられるようになれるのか、一年後に覚えていられたらこのブログでご報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。