意識と思考の混同

クライアントさんとお話ししていると、意識と思考がごちゃ混ぜになっていることに気づかされることがあります。本当は、天と地ほどの違いがあるのですが。

意識がどこまでも澄んで清らかな青空だとすると、思考はその青空を覆う雲のようなものだと捉えることができます。その違いは歴然としていますね。

ただ、幼い頃からずっと、厚く垂れ込めた雲ばかりをみていたら、清い青空のことを忘れてしまったとしても無理もないと分かります。

雲だって、そこそこ大きいですからね。でも、雲がどれほど大きかろうと、あの青空の無限大さとは比べようもありません。

あなたは思考ではありません。ただ、「私」という思考がその雲の奥深いところに作られてしまってからは、自分のことが分からなくなってしまったのです。

あなたの本質は、雲では決してありません。あの壮大な青空なのです。雲の中に潜んでいる「私」という思考を見抜くことができたら、そのことを思い出す日がやってくるのでしょうね。

けれども、思い出さなくても、あなたが青空であることに変わりはありませんし、あなたが青空でなくなったことは一度もないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。