真理を語るには沈黙しかない

真理についてのどんな言葉も、真理についての表現でしかなく、真理そのものではないという単純な事実を忘れてはいけません。

非二元性(ノンデュアリティ)が真理の代名詞のように語られていますが、それはこの世界が二元性でできているという主張と同程度に正しいに過ぎません。

人間には自由意志というものはなく、すべてはただ起きているだけだというのも、真理について言っているだけなのです。

言葉とは、真理について語ることができるだけで、真理そのものではないということです。それは、月を指さす指が月そのものではないことと同じです。

真理とは、沈黙だけが…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。