原体験を紐解く

水が高いところから低いところへと流れて行くとき、その水の先頭の部分を見つめていると、あたかもより低い場所を意志を持って探しながら、最短コースを進んで行くように感じることができますね。

けれども、水がそのような意志を持っているわけではないことは、誰もが知っています。それが法則というものです。それと同じように、エネルギーの法則というものがあります。

それは、エネルギーはそれ自体と似たようなエネルギーを惹きつけるか、自ら近づいていくということです。互いに引き合うと言ってもいいかもしれません。

とにかく、「エネルギーは友を呼ぶ」ということです。勿論エネルギーにそうした意志があるわけではないのですが、備え持った法則がそのように動作をさせるということです。

沢山のセッションを通じて分かったことですが、エネルギーのそうした法則には例外はないということです。本当に不思議なことだと感じます。

もしも、あなたが何等かの人生のパターンと感じるようなものに翻弄されているとするなら、それには確実に原体験と呼ばれるものがあるはずなのです。

人生で一番初めに体験したものです。その時のエネルギーがその次の体験を引き起こし、更にそれがまた次なる類似の体験を引き起こすことで、それがパターン化していくのです。

そのパターンは努力で変えることはできません。癒しが必要なのです。心当たりがあるという方は、セラピストのセッションを受けることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。