ヒーリング日記その7


 9回目のセッション。今日は、ハートヒーリングとヒプノ(催眠療法)を受ける事に。まず、ハートヒーリング。背中からのハートチャクラの部分が、すごく圧力+熱を感じる。今日は、うたた寝するどころじゃなく、全く眠気を催さない。

 次にヒプノ。椅子に深く座り、脚を投げ出して楽な姿勢になり、大澤さんの誘導に従ってゆっくり催眠状態に。なぜか催眠に入る時に笑いがこみ上げてくる。例えると、ジェットコースターに乗る時のようなワクワク感、とでもいうのか。今から起こることが不安な反面、とても楽しみといった気持ちだ。

 まず浮かんだイメージが父方の祖母、幼い頃飼っていた犬、父、母...。それが全て、アルバムに貼ってあった写真と同じ映像なのだ(全て静止画像)。これでいいのかな?と思いつつ冷静に、あまり感情移入する事なく浮かんできた映像を一つ一つ大澤さんに説明する。

 私が多弁なせいか、『考えなくていい、感じてごらん』と大澤さんに言われる。小さい頃の私の映像が見えた時、『その子の中に入ってごらん』と言われ、うまく表現できないが、今の自分の意識を幼い頃の私の中へ入れ込むようにイメージした。すると、その途端、まぶたがヒクヒク動き出し、グーっと身体が硬直し、椅子の上でエビ反り状態になる。身体全体がビクッビクッと痙攣しているようだ。何だこれは?!

 大澤さんからハグしてもらう。『よしよし、怖かったね、大丈夫だよ』と言いながら身体をさすったり背中を撫でてもらったり...。まるで幼児に語りかけ、あやすかのよう。きっと私の中のインナーチャイルドに言ってくれているのね。しかし、私自身は全く恐怖や悲しみは感じないのだ。勝手に身体が反応しているに過ぎない。全身から力を抜くように指示され、試みるとゆっくりと元の状態に戻っていた。

 ヒプノが終わり、何だか色々と考え込んでしまう。さっきの反応はなんだったのか。今日のヒプノはこれで良かったのか等々。大澤さん曰く、『左脳が勝ちすぎている、考えすぎるし、饒舌過ぎるよ、今度からあまり説明せずに”感じる”ことに重点を置いてみて』 私としては、大澤さんに浮かんだ映像や状況をできるだけ正確に理解してもらいたくてしゃべってたんだけどなぁ。ヒプノでこんなにしゃべる人いないらしい。ちょっとショック。

 ハートヒーリングの方が「考えない」訓練になるようだ。ヒプノはたまに受けて、メインはハートヒーリングにしよう。