二種類の欲望

人間である限り、何らかの欲望を持っています。欲望というと、何となくあまりいいニュアンスを感じないかもしれませんが、欲望がなければ人としては成り立たないのも事実です。

欲望と一口に言っても、大きく二種類に分類することができると思っています。一つ目は、必要なものを手に入れようとする欲望です。

何かが自分には足らないので、その不足を補うために外側から取得しようとする欲望です。これが一般的に言われる欲望ですね。

例えば、もっといい給料をもらいたい、パートナーが欲しい、マイホームを建てたい、クルマを買いたい、いい服、いい靴、いい家電製品が欲しいなど。

手に入れたいという欲望は、それが実現したときにはとても嬉しいものですが、しばらくするとまた他のものが欲しくなるため、際限がありません。

手に入れたいという欲望の中でも少し上記と違うのは、例えば病気がちの人にとっては健康になりたいという欲望がありますね。

それは自分自身を向上させたいという欲望です。もっと能力を身に着けたい、知識を沢山身に付けたい、いい学校に入りたいなど、自分自身を磨こうとする欲望です。

こうした欲望も、広い意味では手に入れようとする欲望の一種だと言うことが分かります。このような欲望は、人の心を疲弊させることになる可能性が高いのです。

なぜなら、それは結末というものがなく、永遠と続いてしまうものだからです。そしてそのために、いつも足りない、このままではまだ駄目だという思いを抱き続けることになってしまいます。

それに対して、もう一つの種類の欲望とは、手に入れたい欲望とは真逆で、不要なものを自分から取り去っていこうとする欲望です。

いらなくなったものを捨てて、整理整頓したくなるときがあると思うのですが、あの欲望がまさにそれに当たると言えます。

そして、その欲望は物だけではなくて、自分自身の心に積んでしまった不要なものについても、できるだけ捨て去ろうとするのです。

この欲望は、心を疲弊させることはありません。なぜなら、それを続ければ続けるほど心が軽くなって、生き易くなっていくからです。

そして最終的には、この人生で手に入れたあらゆるものを手放すことができたときには、本当の自分に出会うことになるはずです。

すべてをそぎ落として、そこに残るものこそ、本当の自己であるからです。どちらの欲望を優先して生きるのか、よく考えてみる必要がありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です