エゴの愛と本当の愛

あなたは愛が何であるか知りやしない

あなたの知っているのは執着だけだ

しかも、そういう執着をあなたは執着だと思っていない

あなたはそれを愛だと思っている

もし執着が執着として認識されれば

それは落ちる

けっしてあなたがそれを落とすのではない

by osho

この世界には、大きく分けて二種類の愛があります。一つはわたしがエゴの愛と呼んでいるものであり、もう一つは本当の愛です。

そしてエゴの愛にはそれこそいろいろな形のものがあるのです。本当の愛に近いものから、執着そのものだと分かるようなものまで。

両者の違いは何かと言うと、本当の愛というのはエゴの不在の状態のことを言うのです。無私ということですね。

一方エゴの愛の方は、愛するあなたが中心にいるときのこと。私があなたを愛するのですから、いつも主語が必要なのです。

エゴの愛は、「愛する」という動詞として表現できますが、それはエゴの行動として捉えられるからです。

本当の愛はただ起きるのです。そこには誰もいないのですから、ただ起きるとしか言いようがないのです。

学生のころ、私は自分には愛がないな〜と思っていたのですが、今思えばそれは当然だったということです。

ここで言いたいことは、エゴの愛が悪いということではなく、両者の区別がしっかりできるかどうかが大切だということです。

自分が感じている愛がエゴの愛だと気づけば、気も楽になるというものです。誰かを欲したり、嫉妬したり執着することをそのままに受け止めれば、それを愛と勘違いしなければいいのです。

そのままを認めてあげられるなら、いずれエゴの愛はゴミ箱行きに勝手になるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です