何もせずにいる時間を作る

1日のうちで、たったの5分でもいいので「何もしない」でいる時間を作ってみるといいと思います。

何もせずにただいるというのは、意識しなければできないことですね。瞑想すらしないでいるということですから、自我にとっては難題なのです。

自我というのは、たとえほんの数分であっても全く意味のないこと、価値のない時間を過ごしたくないのです。

一生懸命働く、疲れてただデレってしてる、ゆっくりと睡眠をとる、問題に取り組む、それが何であれ何かの目的があるのです。

何もしないというのは、その時間は完全な無目的な状態にあるということ。もちろん過去のことも未来のことも考えない。

そこにはどんな利益も、どんな期待もなくいるのです。つまり言いたいのは、自我にとっての無価値な時間となる必要があるのです。

初めのうちはつい何かを考えてしまったり、退屈な感じがして耐えられなくなったりするかもしれませんが、そんなことは構わずにいてあげるのです。

なにもしないでいることができたなら、あなたはきっと味わったことのない不思議な清々しさを感じるかもしれません。

でもそれを目的にしてはいけません。どんな期待もせずに、ただただ何もせずにいるのです。きっといつか生きる感覚に変化がやってきてくれるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です