死ぬのは自我と身体

スピリチュアルなことに興味を持ったりして、本当は死というものはないのだということを学んだりするのです。

死がないという情報は、やや信じ難いとしてもいくばくかの安心感がそこにはあるのです。命が永遠だと思えば、安らぎを感じることができるからです。

けれども、とても残念なことを言いますが、確実に死はあります。それも、私たちの全員に公平に死が訪れることは明白です。

死ほど公平な事象はありません。どんな人であれ、まったく同じように死はやってきて、生で築き上げたあらゆるものを持ち去っていくのです。

スピリチュアルな教えなど、全く役に立ちません。誰が死ぬのか、それはあなたなのです。つまり、死は自我に訪れるのです。

自我は本当に死ぬのです。勿論身体にも死はやってきますが、あなたが自分だと思い込んでいる自我の死も当然やってきます。

その死は避けられません。永遠の命などというものはありません。あなたという自我は、身体の死とともに死んで行く運命にあるのです。

けれども、もしも自分の本質は自我ではないと見抜くことができるなら、その時は自我の死をあなたは見届けることができるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です