水を見習いたい

人間の身体の60%くらいは水分でできているらしいですが、普段は自分のことを水人間だとは思ってないはずです。

しっかりとした骨格や筋組織、それと内臓などでできているという感覚です。そしてそうした固体というのは、固有の形を保持しているのです。

ところが水というのは、それ自身の固有の形を持っていません。逆に言えば、どんな形にでもなれる無類の柔軟性を持っているわけです。

水を超高速で小さなノズルから噴射させれば、鉄でも穴を開けることができるし、ベッドの中に水を敷くとあの素晴らしいウォーターベッドにもなるのです。

水の無形性に比べてみると、私たち自我というのは自分の独自性や特別さというものをとても大切にしていることがわかりますね。

自我にとって一番苦手なこととは、水のように周囲にぴったりと馴染んで溶けていってしまうことです。

それは自我にとっての自殺行為とみなされるからです。身体は水を多く含んでいるのではなく、水がベースで身体ができていると思えば、もう少し水を見習うこともできるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です