信念と不信は同じもの

「何事も信念を持ってやるべき」と教えられて育ったように記憶しているのですが、心のどこかで何となく自分にはそぐわないと感じていたことを覚えています。

一般的には、信念を持てば、一本筋の通った人になれるし、強くなれるイメージがあって、子供にとってはそういう大人になりたいと思うのかもしれません。

けれども、信念というのは単に信じることなのです。より正確に言えば、強く硬く信じるということです。

だから信念を持ってしまうと、人は頑なにならざるを得ないのです。信念は揺るがないので、人とぶつかるわけです。

私は個人的にはどんな信念も持ちたくないと思っています。信じるなら、いつでも信じないにひっくり返るくらいの準備をしておきたいくらいです。

実際、信念(強く信じること)と信じないことは真逆ですが、本質的には全く同じことなのです。

マインドの中で起きていることは、どちらも一つの仕組みを使っているのです。それは、真に知らないことに対する自分騙しの方策なのです。

もしあなたが、何かに対して真に知っているとしたら、それに信念を持つことなど不可能であるのは明白です。

そこに気づけたなら、今日からどんな信念も脇に置いて、ただ知らないことだと認めるのです。それだけでどれほど防衛が小さくなるか、体験してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です