対処しない生き方 その2

昨日のブログでは、マインドが果てしなく繰り返している「問題−対処」のループから抜け出す必要があるということを書きました。

抜け出さないままいれば、いつまで経っても実りのない人生を生きることになってしまうからです。

それは気づきのない、思考まみれの自我の大好きな人生なのです。もしも問題を対処せずにそのままにしておくことができるようになれば、自我は衰退していくはずです。

その時には、必ず「暇を持て余す」という厄介な状態になっていくのです。自我は何もすることがなくなると、暇で暇で仕方なく感じるのです。

そしてとても息苦しくなって、終いにはなりふり構わずに別の問題をでっち上げようとしてきます。

私の場合、そうした自我のイライラが周囲に問題を創るよりも、自分の身体に変調をきたすというやり方を好むことを経験上知っています。

具合が悪くなれば、対処しようとしてしまうのを知っているからですね。それともう一つ、自分の好きなことで目標を持つようにするのです。

目標を掲げて、それをいつか達成するというスタイルも、実のところ「問題−対処」のちょっと違った形に過ぎないのです。

もしもあなたが、どんな対処もせずに、どんな達成もせずにいられるなら、自我はひとたまりもなく消えていくはずです。

その時にあなたの中に残るもの、それこそが本当のあなたなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA