全体性に委ねる

自分の人生を振り返って見てみると、想像もしていなかった意外過ぎる展開だったり、どうしてこんなことになったんだろうと思うこともあるのです。

その人生の流れに、主役としての自分はどれだけリーダーシップを取ってきただろうと考えると、ハテナマークがたくさん出てきます。

外側から客観的に見ていた人が仮にいたとしたら、その人はそれなりに自分で決断して、自分で結果を出してきたよと言ってくれるかもしれません。

けれども、内実は全くそんなことはなくて、ただただ気がつくとこんなことになっていたということばかりなのです。

そして年齢を重ねてきて、もうそろそろ人生の結末が見えてきたとも思えるのですが、その一方で本当は今後どうなるのか見当もつきません。

そんなこんなで、生きている時間が長くなればなるほど、自分とはこうだと決めることが少なくなってきたのかなと。

きっとこうなるに違いないと考えることも減りました。この先どうなろうと、それは全体がやってくれることなので、お任せでいいやという感じです。

これから年老いて死んでいくということだけが決定していることで、それ以外は不定なのですから、この物語を楽しみながら生きていくとしますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA