自分自身に注力する

自分以外の誰かのことに興味を抱くのは、ごく普通のことだと思うのですが、それがあまりにもエンドレスだとしたら、少し異様な感じがするのです。

他人の人生がどうであれ、本質的にはどうしようもないことだと思ってしまうのです。そして正直、それほど興味を持てないということもあります。

自分自身のことに取り組んでいるのであれば、おのずと他人の人生がどうなのかということにエネルギーは使えないのです。

自分の人生に不満を持っていたり、他人の人生と比べてみたりするなら、エネルギーの無駄遣いをしているということです。

こうしたことを深く理解できるなら、たとえば子供が不登校になったとしても、それが悪いことだとしてなんとしても学校に行かせようとする親にはならないはずです。

学校が楽しくて仕方なかったという人が親であっても、同様にして子供の不登校に殊更不安を感じることもないでしょう。

行きたくもないのに学校に行っていた人が親になった場合の方が、子供の不登校を正そうとすると思うのです。

我慢が中心になっている人は、常識が大事になるのです。そうなると、常識というのは他人との間に存在するものなので、結果として他人のことが気になるのです。

他人の心配をしている暇があったら、自分に意識を向ける練習をしましょう。もっともっと自分に関わることです。

そうして自分とは一体何者なのか?そこに時間とエネルギーを注力すれば、いろいろなことが明確になっていくでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です