親の正しさからの脱却

人は誰でも子供の頃に、特に4〜6歳くらいの間に「親2世」をマインドの中に作り出すのです。

親2世とは、親の正しさをそのまま受け継ぐマインドであって、それが自分をずっと責め続けるのです。

親2世の役割はというと、実際の親に怒られたり否定されたりすることを避けるためなのです。つまりは自己防衛の一つの方法に過ぎません。

前もって自分の内側に親そっくりさんをこしらえて、自分のお目付役をさせようという狙いがあるのですね。

この親2世が自分の中で強力であり過ぎると、当然のことながら自分らしく生きることが難しくなってしまいます。

親2世は親が元々持っている正しさを自分に押し付けてくるので、そこに背いて生きようとするのですが、そのこと自体が正しくないと言われてしまうので、結局親2世の言いなりとなるのです。

そういう人生は所詮長続きはしないものです。奴隷のようにされていたオリジナルの自分が反乱を起こすからです。

それは問題行動として現れてくる場合もあるでしょうし、いずれにしても正しさへの反発としての言動が起きるのです。

本人は、親2世の言いなりの時と、それへの反発の時を交互に繰り返すことになるかもしれません。

親の正しさ、親2世から抜け出て自由で清々しい人生を取り戻すためには、親2世の存在を常に見守ることが絶対的に必要です。

このブログでずっと繰り返しお伝えしていることですが、見守るか乗っ取られるか、二つに一つだということを忘れないことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA