死は自我にのみやって来る

どうもあまり評判は良くないようなのですが、すみません今日も死に関連したお話しになってしまいます。

というのも、なぜ私たちの煩悩が無くならないのかと考えてみると、その大きな理由の一つは、誰もがいつかは死ぬことになるからだと思うのです。

誰にとっても死にまつわるイメージはあまりよくないものです。せっかく築き上げたものを丸ごと奪い取られてしまうし、大切な人とは別れなければならないし。

さらには、死後は一体どうなってしまうのかが全くもって不明なため、そうした確定した未来の不安によって、心が暗くなってしまうのです。

こうしたことをどれほど頭を捻って考えたところで、一ミリも解決が見つからないと分かっているので、死については考えないようにして生きているのです。

目の前で起きている毎日の出来事に気持ちを奪われていれば、死のことなどどこかへすっ飛んでしまうので、好都合なのですね。

けれども、死ぬことが確定している毎日には違いがないので、心の奥底では明るくしてはいられないのです。

誰もが心の奥底に闇を抱えているのには、こうした理由があったのです。これを思考では解決できないことを、まずは見抜くことです。

それと同時に、死を避けることができないのは自我だということも理解する必要がありますね。死は自我にのみやってくるのです。

たくさん集まってあたかも自我があるかのように見せていた思考が、肉体の死とともに方々へとバラけて行くのでそれは自我の死のように見えるのです。

けれども私たちの本質は違います。自我として生きている間に、そこへの信頼を深めることができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA