導師になる人は…

現代のこの世界においては、光明を得た人を捜すのは、とても大変なことかもしれませんね。少なくとも、私自身は今この瞬間そのような人がどこにもいないと感じていますので…。

その上で、osho によると光明を得た人のうちで、9割の人は即死するということです。え、どういうこと?と思われるかもしれませんが、どうやら身体がもたないらしいのです。

人の肉体は、光明を得た後の状態に追随できるようにはできていないと考えるのが妥当のようなのです。したがって、悟った後に生き残るのはたったの1割の人だということです。

更に、その1割の人たちの中で、9割の人たちは脳への支配力を失ってしまうということです。要するに、生きているとはいえ、沈黙したままの状態になってしまうということ。

そのくらい、脳がダメージを負ってしまうということです。結果として、大脳が生き延びて、外側から見てごく普通の生活ができる人は、光明を得た人のうちのたった1%だということです。

百人の内のたった一人だけが、悟りを得た後にも肉体の死を迎えるまでの間、外見上は人として普通に生活することができるということです。

そして、もっと言えばその1%の中でも、ブッダやイエス、あるいは osho のように導師になる人というのは、そのまた一割しかいないのだそうです。

要するに、光明を得る人はごくごく稀な存在なのに、その中で導師になれるような人というのは、千人に一人くらいの割合となってしまうということです。

なんとも、貴重な存在なのですね。きっと数十億人に一人いるかどうかという確率なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。