慢性的な酷い疲労について

他の人はみんな元気なのに、自分はどうも体力が続かなくて、いつも疲労気味だという自覚のある方はいらっしゃいませんか?

平日に仕事をするのが精一杯で、週末ともなると外に出ることも煩わしくて、一日中部屋の中で横になっているという方はいらっしゃいませんか?

もしもそのような症状があるのでしたら、それは体力の問題では決してないということに気づく必要があるでしょうね。身体が弱いのではありません。

疲労しているのは、あなたの内面なのです。自覚があろうとなかろうと、あなたは日頃からずっと精神的に無理を強いてきたということです。

無理が続くと、そういう極端の真反対である何もする気がおきなくなるという極端へと持っていかれるのです。それが、身体の疲労となって顕われたということですね。

問題を解決するためには、まず初めに自分は一体何を無理しているのか、どんな我慢を強いているのかということを、じっくりと見つめてみる必要があります。

そしてそれが自分を守るためにしていることだったと気づくことができるなら、そこから癒しを進めて行くことができるはずです。

ご自分独りでは時間がかかるようなら、専門家の力を借りることも検討することですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。