期待せずに待つって難しい

誰でも経験がある事だと思いますが、何かを思い出そうとして喉まで出かかっているのに、どんなに頑張ってもどうしても思い出せずに悶絶するのです。

自分がそれを知っているという事ははっきり分かっているのに、思い出そうと頑張れば頑張るほど思い出せないのです。

そんな時、一度その事を忘れて全く違う事を考えたりしたりしているうちに、ふと思い出せずにいた事が頭に浮かんできたりするのですね。

その理由は、リラックスすることで、思い出そうとして起こしていた緊張がなくなったからなのでしょう。緊張すればするほど、頭の働きがブロックされるということです。

同じようにして、自分の本質を思い出したいと強く願えば願うほど、思い出すことは難しくなってしまうのです。

要するに、期待せずにリラックスして待つという事なのですが、それが一番難しい事なのですね。私たちのエゴは、真にリラックスすることが苦手だからです。

思い出したいという欲望もなくなりそうもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。