相手の内面を見透かす

誰だって、他人から否定されたら嫌な気持ちになるものです。できることなら、肯定的に扱われることを常に期待しているのが本当のところですね。

ただし、否定されることをどの程度嫌がっているのか、どのくらい不安になったり恐怖を感じたりするのかという度合いについては、人それぞれなのです。

あまりに、否定されることを恐れてしまうなら、その人は自己表現を抑えるようになったり、辛いので人と接するのを控えるようになってしまうはずです。

そうなったら、専門家の力を借りて、内面の癒しをする必要があるでしょうね。けれども、そんなに極端に落ち込んだりはしないけど、ダメージをもっと小さくしたいと感じている人は沢山いるはずです。

そんなときには、次のようにして自分を否定した相手の内面を見透かすことです。相手が自分を否定するのは、その内容の如何に関わらず、自分にはまったく関係ないことだと分かるまで…。

相手があなたを否定する本当(唯一)の理由は、その人自身が自分のことを肯定したいという思いが強いからなのです。

「お前がダメだ!」と言うとき、それを言っている当の本人はダメではないが言外に含まれていることに気づくことです。それが自分を肯定することになるということ。

ではなぜ、相手はあなたを否定することで、自分を肯定したいのでしょうか?それは、その人の深いところで自分を否定しているからに違いありません。

ということは、誰かがあなたを否定したとき、その誰かの中で自己否定を払拭しようとしているということであって、あなた自身とは何の関係もないということに気づけばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。