同化を解除する

私たちは、本当は自分がどこにいるのかを知りません。身体と同化しているので、大抵は身体の中にいるというように錯覚しているだけです。

で、私の場合は頭の中のちょうど目の後ろ辺りにいて、身体をコントロールしているというような感覚を持っているのですが、これは人によって様々なはずです。

ところが、あることをするとその感覚に変化が起きることを先日知りました。少し前に風邪をひいてしまい、その後遺症の咳が少し残っているのです。

その咳が出だしたときに、それを静める目的でハートのあたりに手を置くようにしていたときのこと。急に、目の後ろ辺りにいたはずの自分がハートの辺りにいるように感じ出したのです。

元々身体のどのあたりにいるかというのは想像でしかないのですから、変わったとしてもあり得ることではあるのですが、手を置く位置が影響するというのは面白い現象ですね。

試しに、先ほど存在の中心とされている下腹部の辺りに手を置いたところ、しばらくするとやはりその辺りに自分がいるような感じがやってきました。

興味があったら一度試してみて下さい。その感覚の変化は、すぐにはやってこないかもしれませんが、しつこく手を置きつづけていると、きっと体験できるはずです。

このことからも、身体との同化はなかなかしぶといものがあるということが分かりますね。マインドとの同化はもっと強力なはずです。

その二つの同化が解除されたとき、あなたは自分の本質に気づくことになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。