期待すれば束縛される

欲望と聞くと、何となくネガティブなイメージがあるのですが、希望とか期待というとどういうわけかポジティブで明るいイメージを持つと思います。

けれども、よくよく考えてみると、何かに期待するということは、こうあって欲しいと願うことであり、そうなってちょうだいという欲望なのですね。

希望もその同類です。未来に希望を持って、生きていくことはとてもいいことのように思われていますが、本当でしょうか?希望だってぶっちゃけ欲望なのです。

だって、こうなったらいいな、こうなって欲しい、こうなってちょうだい!これみんな同じなんですから。つまり、「ちょうだい」のエネルギーということです。

それは愛のエネルギーでないことは明白です。外側の事象に対して、要求しているのですから。それがいいとか悪いということではなく、それは愛ではないというシンプルな話し。

もしもあなたが、未来に対してどんな期待も持たないという状態になったとしたら、あらゆる心の重荷から解放されてしまうでしょう。

大切なパートナーに対して、親に対して、かわいい子供たちに対して、全く期待しないでいられるなら、あなたは完全に自由な状態でいられることになるはずです。

たとえば、あなたが大切な誰かに対して、きっといつか○○してくれるという期待を抱いているとするなら、それを求める度合いに比例して、あなたは強く束縛されることになるのです。

一見すると、辛いことのように思えたとしても、潔くその期待をきっぱりと諦めるなら、その束縛から自由の身になるのは間違いありません。

それがどれほど心地いい楽なものか、体験してみないと分からないでしょう。もしもこのことに興味を抱いたのなら、これを信じることなく徹底的に実践してみることです。

期待のない爽快感を一度味わったなら、二度と忘れることはできなくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。