夢を夢と見抜くには?

みなさんは、ルシッド・ドリームという言葉を知っていますか?日本語にすると、明晰夢というらしいのですが、要するに夢の中でこれは夢だと気づく夢のことなのです。

一般的には、夢の中ではこれが夢だとはまったく気づかずに、その夢の中で何かに必死になっていたり、いやな思いをしていたりと、深刻な状態が続くわけです。

苦しい夢であれば、これが夢だと途中で気づくことができたら本当にいいのですが、いくらそう願ったとしても目が醒めるまでは夢を現実と見てしまうのですね。

これはもしかしたら私だけかもしれませんが、時々自分にとって都合のいい夢を見ることもあるのですが、そういうときに限って、これって夢だよなあとどこかで思ったりするのです。

で、夢だろうが何だろうが構わないので、夢の続きをずっと見ていたいものだと思うのです。悦んでいるような夢の時ほど、それを現実だと思いつづけられた方がいいはずなのに…。

それでふと考えることがあるのですが、この人生が物凄く都合のいい状態で推移しているのなら、この現実は夢なのだと気づくことができるのではないかと。

大して満たされていないからこそ、もっといいことが起きないかと願うからこそ、この現実という夢の中にい続けてしまうのではないかと。

いずれにしても、あなたが自分の人生というドラマの主役として生きていると感じているものは、間違いなく思考がでっちあげた夢だということです。

夢から醒める方法は、夢であることを見破る方法はあるのでしょうか?それは、あなたがいるという幻想を見抜くことかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。