「自分のままでは価値がない」という信念

幼いうちに環境によってでっち上げられた自己イメージの中でも、「自分のままでは価値がない」という信念、決めつけが最もたちが悪いのです。

その信じ込みはまるで石のように固くて、ちょっとやそっとでは解すことはできません。このような間違った信念というのは、親の極端な条件付けが原因なのです。

残念なことに、幼い頃というのは親からの一方的な決めつけに対して、それを評価するどんな基準も持っていないために、ただただ信じることしかできなかったのです。

その結果として、「自分のままでは価値がない」という信念とペアのように持ってしまうものに、「親は絶対」という思い込みがあるのです。

多くの場合、この二つの信念は互いにお友達のようにして一緒に作られてしまうのです。この二つの力を利用して、親は子供をまるでモノのようにコントロールすることができるのです。

そうした親は、勿論本人自身がその親から似たようなコントロールを受けて育ってきているので、その方法を充分に熟知しているのです。

「親は絶対」という信念の方は、ある程度の年齢になれば自然と緩んできて、そんなはずはないという理性の方が上回るようになるのです。

けれども、「自分のままでは価値がない」の方は、癒しを進めていかない限りは、何歳になってもしぶとく居座り続けてしまうので、本人の人生をズタズタにしてしまいます。

ひどい自己犠牲の繰り返しと、その裏返しとして起きて来る鬱症状や問題行動がやってきて、どうにもならない状態へと持っていかれることになるのです。

もしもあなたが、「自分のままでは価値がない」という感覚を持っているという自覚があるのなら、それをそのまま放置しておいてはいけません。

その間違ったとんでもない勘違いを、間違いだと思えるようになるまで、継続して癒しを進めていく必要があるのです。独りでは難しい場合には、専門家の力を借りることも考えるべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。