経験者ではなく目撃者でいる

osho の言葉に次のようなものがあります。

『あなたの日々のすべての活動や働きの中で、目撃者でいなさい、経験者でいてはいけない。』

osho のことを知っている人であれば、きっと何度も出会っている言葉だろうと思うのですが、これがまた本当に難しいのです。

私たちは映画館で映画を楽しむとき、スクリーンに映し出されている物語と自分の現実の人生とを完全に分けているのは当然ですね。

けれども、実は私たちは映画の中に入りこんで、一緒に泣いたり怒ったり、感動したりしたいのです。その物語があたかも本物であるかのようになることで、楽しむことができるのですから。

あくまでも自分は映画の鑑賞者なんだと何度も思い出しながら観るのなら、その映画を思い切り楽しむことはできなくなってしまうでしょうね。

それが私たちの好みなのです。つまり、わざわざ物語の中に入りこむことで、様々な感情をある意味安全な場所から味わって楽しむということが好きなのです。

それと同じことを、この現実という世界の中でやり続けているのです。人生という物語を作り上げて、その物語の当事者として生きる。

あまりに深く入りこんでしまっているために、目撃者でいることは非常に難しく感じるのです。あなたのマインドは経験者としてしか生きることができないからです。

けれども何としても、目撃者であることを訓練しなければ、マインドとの自己同化を壊すことができないのです。見ることによってのみ、対象との距離を持つことができるからです。

目撃者とは、物語を経験しているマインドと身体をただ見ているもののこと。マインドの経験するあらゆる痛み、苦しみ、思考、感情、気分、それらをただ見ることは、私たちを別次元へと連れて行くはずです。

osho のことを知っている人であれば、きっと何度も出会っている言葉だろうと思うのですが、これがまた本当に難しいのです。

私たちは映画館で映画を楽しむとき、スクリーンに映し出されている物語と自分の現実の人生とを完全に分けているのは当然ですね。

けれども、実は私たちは映画の中に入りこんで、一緒に泣いたり怒ったり、感動したりしたいのです。その物語があたかも本物であるかのようになることで、楽しむことができるのですから。

あくまでも自分は映画の鑑賞者なんだと何度も思い出しながら観るのなら、その映画を思い切り楽しむことはできなくなってしまうでしょうね。

それが私たちの好みなのです。つまり、わざわざ物語の中に入りこむことで、様々な感情をある意味安全な場所から味わって楽しむということが好きなのです。

それと同じことを、この現実という世界の中でやり続けているのです。人生という物語を作り上げて、その物語の当事者として生きる。

あまりに深く入りこんでしまっているために、目撃者でいることは非常に難しく感じるのです。あなたのマインドは経験者としてしか生きることができないからです。

けれども何としても、目撃者であることを訓練しなければ、マインドとの自己同化を壊すことができないのです。見ることによってのみ、対象との距離を持つことができるからです。

目撃者とは、物語を経験しているマインドと身体をただ見ているもののこと。マインドの経験するあらゆる痛み、苦しみ、思考、感情、気分、それらをただ見ることは、私たちを別次元へと連れて行くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。