防衛か無防備か

あなたはどんな時に、楽しい気持ちになったり嬉しくなったりするでしょうか?どんなことがあったら喜び溢れることになるでしょうか?

それはきっと人それぞれに違うのかもしれませんね。けれども、実はそうした何か本人にとって特別なことがあったから嬉しい気持ちになるのでは本当はないのです。

起きたことは実はきっかけに過ぎないのです。何のきっかけかというと、無防備になるためのきっかけだったのです。ここが今日お伝えしたい部分なのです。

つまり、あなたの気持ちが素晴らしい状態になるのは、きっかけはともかくとして、無防備な状態になったからこそだということです。

他人から見て、それがどんなに羨ましいことであったとしても、当の本人が無防備なマインドの状態になることがなければ、喜び溢れることはできないのです。

逆に、大したことが起きたわけでもないはずなのに、物凄く気持ちのいい心の状態になれたのなら、それは無防備な状態がやってきたからだということ。

逆に、何が起ころうとも、防衛に凝り固まっているなら、残念ながら喜び溢れる状態になることは決してないのです。そのことに、深く気づくことです。

もしもあなたが素晴らしい気分になりたいと願っているなら、どんなきっかけがなくとも、自分のマインドを無防備な状態へと持っていくことができるなら、その願いは実現するのです。

最大の無防備とは、自分のことをすっかり忘れてしまっているとき。もっと言えば、守るべき自分がいないと感じるときなのです。

その状態に持っていく練習をすることができます。それが瞑想を積み重ねることですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。