死なないし…

人は、追い詰められて、切羽詰まって、テンパって、非常に視界が狭くなって、考えが膠着してしまうようなことってありますよね。

そんな時、大抵は何度も同じことをグルグル考え続けてみたりして、そのくせ何も解決せず、一向に晴れやかな気分にはなれなくなってしまうものです。

そういうときに私なりの打開策があるのですが、それは「どうせ死なないし…」と自分に言ってあげるのです。死ぬわけじゃないだろう、そう思うだけで気分が楽になるのです。

クライアントさんとのセッションの時にも、気が付くとよくそれを使っている自分に気づくことがあります。セラピストは往々にして、クライアントさんに癒しを実践してもらおうとして、追い詰めてしまうこともあるのです。

そして困ってしまったクライアントさんに対して、結果どうなったところで死なないでしょ?と言って突き放すのです。若干冷たい感じもしますが、それでも大丈夫。

所詮は、死ぬわけではないのですから。何がどうなったところで、死なないし…。そうやって、深刻になって玉結びみたく固くなったマインドをほぐしてあげるのです。

そうすると、ふっと楽になって、突き詰めていた考えが沈静化してくるのです。その方がかえって名案が浮かんだりして、よい結果が出る可能性もあるのですね。

例えば、明日職場で上司に言いづらいことを伝えなければならない、気が重いし、できるかなあと考えながら寝る代わりに、何であれそんなことでは死なないし…をやるだけで、寝やすくなるはずです。

よかったら、みなさんも是非試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。