思考+無意識が物語を作る

私たちは、物語の中に入り込めば込むほど、無意識へと移っていくのです。この単純なカラクリに気づいていないことが多いのかもしれません。

けれども、注意深く見てあげれば分かることです。夢の中が最も分かりやすいですね。夢の中では、私たちは意識がありません。

つまり、これが夢だと気づいていないということ。意識とは気づきだからです。これが夢だと気づくことがあれば、瞬時に夢から醒めてしまいます。

夢の中にいる条件は、無意識の状態でいるということなのです。映画を観ているときにも、同じことが言えるのです。あまりにも映画の内容に没頭してしまえば、それが映画だということを瞬間忘れてしまいます。

それもまた無意識の状態なのです。無意識だからこそ、映画の物語の中へ入っていくことが可能なのです。さて、私たちが生きているこの現実ではどうでしょう?

残念ながら、自分の人生という物語の中で生きていると思っているのでしたら、やはりマインドの多くの部分が無意識状態だと言えるのです。

もしも私たちが、一瞬一瞬の自分自身に気づいていられるのなら、それだけ無意識から抜けることができるのです。完全な意識の状態になれば、時間は消えてあらゆる物語も一緒に消えて行くのです。

つまり、目覚めてしまうということです。そこには、どんな物語もありません。在るのは、ただ今この瞬間だけになるのです。過去も未来もあなたも私もすべて、物語を形作っていたすべての部品は消えてしまいます。

それこそが真にリアルな世界なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。