鏡を見るのをやめる?

私たち人間は、自分のことをどうやって知るのでしょうか?例えば、鏡に映った自分の姿を見て、自分は今こんな外見をしていると知ることができますね。

けれども、それはあくまで鏡の中の像としての自分です。像ということは、イメージです。本当の自分ではなくて、イメージに過ぎません。

私自身は、歳を重ねるごとに、そして最近はもう本当に鏡の中の自分に対して、非常に違和感を感じるようになっています。

あれ、こんなに年取っていたっけ?これが本音なのですが、それ以外にも普段は自分に顔があることを忘れているので、たまに鏡で自分の顔を見ると不思議な感じがしてしまうのです。

若い頃でしたら、しょっちゅう鏡で顔やヘアスタイルなどを確認していたのでそんなことはなかったはずなのですが、今では自分に顔があることが不思議なのです。

鏡が映してくれる自分とは、他人から見た自分の外見でしかありません。自分の内面を映し出してくれる鏡などないのですから。

だから、私からの提案なのですが、今日から鏡を見るのをやめませんか?といっても、鏡をまったく覗き込まない生活をしろと言っているのではありません。

鏡を見るときには、自分という存在を見るというのではなく、ヘアスタイルを整えるため、あるいは女性であれば化粧をするためだけに見るということです。

つまり、目的を絞って見るのです。そこに映し出された像を自分だと信じることをやめるという意味なのです。

そうすることで、内側へと見る方向を変えて行くことができるのです。その方法でしか、自分のことを知ることはできないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。