「私」という思考を作ったのは誰?

前置きなしで始めますが、「私がここにいる」というのは、真実でも事実でもなく、単なる思いなのです。思いということは、思考だということです。

そして分かりづらいのは、100歩譲って、「私がここにいる」というのが思考だとしても、そう思うためには「私」がいなければならないと感じるのです。

けれども、自我が生まれるときのことをよく見つめてみると、「私」という思いが作られるときに、「私」はいませんでした。いなかったからこそ、作られたのですから。

最初の最初から、つまりオギャーと産まれたときから「私」がいるのなら、「私がいる」という思いを作り出す必要はなかったはずなのです。

結論として、「私がいる」という思考を生み出すのに、「私」は必要なかったということです。つまり、「私」はいなかったのです。そして、それは今も変わりません。

「私」という思いが作られたからといって、「私」という実在も作られるということではないからです。まわりくどい表現になってしまいましたね。

言いたかったことは、あなたの中にどんな考えが生まれたとしても、そこにあなたという存在は不要だということです。つまり、あなたはいないということ。

思考はエネルギーの一つの顕われた形に過ぎません。私たちの本質は、思考とは何の関係もないということが腑に落ちれば、自然と思考との自己同化は薄れていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。