親子の間の連鎖をストップする

幼い子供にとって、自分は親から関心を持ってもらってないと感じることほど、惨めで辛いことはありません。どんな子供でも、親の関心事のナンバーワンのつもりで生まれてくるのですから。

親が自分の子供に関心を持てないとしたら、その理由はたった一つしかありません。その親が子供の頃に、同じようにしてその親から関心を持たれてなかった過去があるということ。

親から関心を持たれなければ、自分の存在価値に気づくことは到底不可能となるのです。そうなれば、常に漠然とした不安を持ちながら生きていくしかないのです。

その不安を安心に変えようとして、強力な自己防衛を続けることになり、結果として心にまったく余裕がなくなってしまうのです。

自己防衛を最優先して、そこにできる限りのエネルギーを費やすことになるので、自分の子供への関心が疎かになってしまうのも致し方ないという以外にありません。

自己防衛の激しい親でも、一見すると子供のことを心配して、いかにも子供に関心があるように見える場合もあるのですが、それでも内実は自分のためなのです。

親自身がそうしたいからそうするだけであって、子供の存在を尊重しているわけではないのです。子供は、そうしたことを敏感に察知してしまうため、やりきれない気持ちになるのです。

子供の方は、できるだけ惨めな気持ちになりたくないので、親が自分にしてくれたことを憶えておいて、だから自分は愛されているのだと無理やり思うようにするのです。

愛されていると思うのですから、そこに愛を感じているはずがありません。愛は思考で理解できるものではないからです。

こうしたことは、親子の間で連鎖を起こして、いわゆる世代間チェーンを発生することになるのです。だれかが、癒しを進めてそうした連鎖をストップさせてくれることを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。