辛辣な手紙

先日、あるクライアントさんからメールが届きました。何だろうと思って読んでみると、私自身とセッションに対する痛烈な批判のような内容でした。

初めは冷静に書き出してはいるのですが、「ふざけんじゃねえよ」のような抑えきれない不満の感情表現があったりして、なかなか辛辣なのです。

調べてみると、そのクライアントさんは三か月くらい前に一度だけいらしたことがある人で、だとするとこの三か月というもの、憤懣やるかたない気持ちとともにあったということです。

自分の気持ちをどのように解決しようかと、悶々としてイライラして、しんどい日々を送られたのだろうなと思うと、大変申し訳ない気持ちにもなりました。

そしてこうも思ったのです。このクライアントさんに対して、特別な対応をしたわけではないと分かっているので、だとすると他にも似たような気持になったクライアントさんもいるのではないか?

ただ、黙って耐えているだけで、きっと私に対してやり場のない怒りを抱えているクライアントさんがいるに違いない。ただ、訴えてこないだけなのだろうと。

こうしたメールを送ってくる人はほとんど皆無なのですが、きっと潜在的にはそこそこいらっしゃるのかもしれないと思ったのです。

セラピストに悪気がないのは、理性では分かっていただいているかもしれませんが、感情が反応してしまうのでしょうね。私は、できるだけ気づいてほしくてセッションをやっているので、耳障りなことも言う必要があるのです。

誰にも言われたことのないようなことを私にズバッと言われたら、それは不服感も味わうはずです。次にまた来ていただけるという保証がないために、一回目になるべく多くのことを気づいていただこうと。

それが逆効果になった例なのかもしれません。そのクライアントさんが、怒りをしっかりと味わい尽くして、元々心の奥にあった怒りにも気づくことができて、結果よかったと思っていただけたらいいなと思うのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。