間違った人生なんてない

人は何かしらの悩みや問題を抱えながら生きているものですね。そのことであまりに生きづらかったり、辛くて自分ではどうしようもないという場合もあるはずです。

そうして現状を何とかしなければ、もう人生が立ち行かないと感じてセッションにいらっしゃることもあるはずです。

あるいは比較的気楽な感じでセッションを受けようと思う場合もあるでしょうね。いずれにしても自分を何がしかの方法で癒して行こうとするのです。

それが癒しの取っ掛かりなのですが、真の癒しというのは「自分を何とかして改善していこう」という前向きな気持ちが消えて行くことなのです。

人生でうまく行ってないと感じている部分を変えていこうとするのは、勿論間違いではないし、少しずつでも理想の自分に近づこうとするのは、社会的には素晴らしいことです。

けれども、いつかはそうしたことも不要だったと気づくことの方がより本質的なことだということです。どんな人生であれ、間違った人生だとか、意味のない人生というものはないということ。

人の道を踏み違えたと思えたとしても、誰かをひどく傷つけてしまったとしても、何の役にも立たないどうでもいい人生だと感じてもです。

どう決め付けようがそれも勝手ですが、それでも「存在」はあなたを通じて人生を楽しんでいるのですから。それはもうほんのひとときの一種の戯れのようなものなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。