思考は外からやってくる

私たちの習性として、身近なものほど気付きにくいということがありますね。今日は思考について書こうと思います。

思考ほど、自分に身近なものはないのではないかと思うのです。こうしてブログを書いているときに、一番活躍しているのも思考なのですから。

その思考に入り込んでいるときには、そのことに気づけなくなってしまっているのです。そればかりか、私たちは本当には思考の素性を知らないのです。

ある考えが浮かんだときに、これは自分が考えたことだと感じています。これは自分の考えであって、あなたの考えではないと感じるのです。

つまり、思考には名札がついていて、私の思考、あなたの思考というふうに、思考には生みの親がいると感じているのです。

けれども、思考の正体とは、他のすべてのものと同じようにエネルギーの一種なのです。そのエネルギーは外からやってくるのです。

あなたオリジナルの思考などというものはないということ。脳によって、独自の思考が生み出されると思い込んでいるのですが、それは間違いだということ。

もしもやってきた思考をただ見ていることができるなら、それはあなたの中に留まったりせずに、ひとりでに出て行くのです。

なぜなら思考はあなたのものではないからです。それを捉えて、巻き込まれてしまうことで、マインドが思考だらけになってしまうのです。

思考を見ていることができるなら、きっとこのことがもっと深く理解できるようになるのでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。