「独り在る」とは全体性の無限の拡がり

私たちのマインドの根っこにあるのは、不安や孤独といったネガティブな気持ちであり、そういう状態にある惨めな自分から何とか逃れようとして頑張るのが人生なのです。

ところが不安や孤独というのは、外側の世界との関係性の中にこそ存在するものであるのに、その世界の中でそれを払拭しようとするために、その努力は報われることはないのです。

孤独から離れようとして、外側の世界にいる誰かを利用しようとしてしまうのです。誰かと一緒にいることでいっときは、孤独から救われたように感じることはできます。

けれども、孤独の正体とは、自分の本質を見誤ったことから起きるものなので、一向に孤独が終わることはありません。

私たちの本質は、「独り在る」ということ。これは孤独とは根本的に異なるものです。「独り在る」とは、私やあなたといった分離のないことを意味するからです。

独り在ることを深く深く理解するためにも、分離に背を向けて、とことんまで内側へと入って行くのです。そうすれば、孤独ということが不可能であることに気づくことになります。

言葉もなく、ただ独りでいられるなら、そこには孤独などないということ、孤独どころかそこにあるのは全体としての無限の拡がりだったと気づくのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。