先延ばしにしたって構わない

人生いろいろあって、都合のいいことが起きれば、逆に都合の悪いこともやってきます。都合の悪いことには、誰だって向き合いたくないものですね。

それから逃げずに向き合う必要があると理解するには、ある程度経験を重ねて学ぶ必要があるのです。だから、子供の時には闘うか逃げるかのどちらかに自然となるのです。

大人になったところで、そうした子供の頃の習慣が馴染んでいて、いつまでたっても向き合わずに先延ばししてしまうことになるのです。

誰のものでもない自分の人生ですから、どのようにしても構わないし、人生の最後まで見ることをしなかったとしても、それも間違いではありません。

また次の人生でもしかしたら向き合うチャンスがやってくるかもしれないのですから。そのくらいに考えて、どんなことをしてもやってやろうと頑張らなくてもいいのです。

私は先延ばしを決して否定しません。バンジージャンプに挑戦しようとして、粘っても結局飛べずに諦める人を見ても、当然だろうと思うのです。

何が何でも向き合ってやろうとすると、それが新たな闘いとなってしまうということにも気づく必要があります。克服しようというニュアンスは、大抵は闘いとなってしまうのです。

向き合うということは克服ではなく、それとの和解です。だからこそ必死で頑張る系ではないということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。