遅咲き過ぎる

今日はこれから久しぶりに外出する予定です。それもいわゆる「永田町」という単語が代名詞となっている場所の一つ、参議院議員会館に行きます。

長年この日本で暮らしているのですが、国会周辺に見学以外で行くのは初めてのことですので、少々楽しみです。

考えてみると、自分はこの日本に生まれ育って、今に至るまでほとんどこの国のことを知らずに生活してきたなあと思うのです。

若かりし頃は、仕事で日本中あちこち出張させられていたこともあったのですが、自分の意志で行きたいと思って出かけたことは一度もありませんでした。

この国の政治のことも、経済のことも、土地のことも、そして歴史についてもほとんど何も知らないでやってきました。それで何の支障もないと思ってもいました。

あらためて考えてみるまでもなく、そうしたことは中学や高校の授業で大抵は勉強することですが、あの頃は一体何が面白くて歴史や政治を学ぶのか分からなかったのです。

でもほんの少し、自分の中で何かが湧き上がってきているようで、今まで興味がなかったことに目を向けるようになってきました。

勿論専門家のように詳しくなることを望んでいるのではなく、ただ自分だけを見るのではなくて、もう少し広い視野でこの国やこの世界を見てもいいはずだと思うようになったのですね。

自分は子供の頃からずっと内面ばかりを見つめるような変な性格だったので、少し変わっているという自覚を持っていました。

それが、今頃ようやくごく普通の人間になりつつあるということかもしれません。誰もが、10代の頃に興味を持つことに今頃気づきだしたのですから、遅咲き過ぎますね。

それでも自分なりにこの国をじっくりと調べてみようと思い出しています。そこから、自分が受けた影響の大きさや傾向なども分かるかもしれません。

あるテレビドラマの中である人が言っていた次のような言葉を思い出します。「もう一度生まれて来るならこの国に生まれたいと思えるような国に、未来の日本がなっているように!」

そのために、微力ながら自分に何ができるのか考えてみたいなと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA