罪悪感ほど不要なものはない

どこの親も子供のことをあれこれと心配するものです。これはもう親の仕事のようなものだと思っておいた方がいいかもしれません。

但し、どんな心配であろうともそれを表には出さずにおくべきです。自分の胸の中で密かに心配しておけばいいのです。

もしもそれを子供にぶつけでもしたら、子供は自己嫌悪、あるいは罪悪感を感じるようになってしまうのです。

自分の存在が親に心配をかけている、こんな自分はダメな奴だということで、自分を責めてしまうわけです。

そういうことが続くと、その子供は思い切り人生を生きることが難しくなるのです。何かをやっても罪悪感を感じ、やらなくても罪悪感を感じるというように。

逆に子供を言いなりにしたい親は、無自覚に子供に罪悪感を感じさせるように仕向けるものです。

コントローラーにとって、相手の罪悪感を利用するのは常套手段なのです。どんな暴力よりも、罪悪感の方が相手を奴隷状態にできるからです。

話を元に戻して、子供にとってありがたい親というのは、子供がなるべく罪悪感を感じずに成長できるようにしてあげられる親なのですね。

罪悪感というのは、どんな場合においても全く一ミリも必要のないものだということをしっかり理解しておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA