マインドは動画撮影できない

いわゆる筋トレというものには、大きく分けて2種類のものがあるのですが、一つはウエイトレーニングであり、もう一つが自重トレーニングです。

ウエイトトレーニングは一般的によく知られている、スポーツジムなどに置いてあるマシンを使ったり、バーベルやダンベルなどのフリーウエイトを使うものです。

そして自重トレーニングというのは、自分の身体の重さを利用してするトレーニングのことで、特別な設備などがいらない分手軽にできるメリットがあります。

この自粛期間中、何とか家で筋トレができないかと考えた人たちがたくさんいたらしく、自重トレーニングが静かなブームになっていたりします。

私もその一人で、スポーツクラブの自粛期間は家で細々と自重トレーニングをしたりしていました。

もちろん一人でやるわけですから、特に家の中にジムのような大きな鏡などあるわけもなく、自分がどんな状態でやっているのかを客観視できないわけです。

それでスマホを使って動画撮影することを思いつき、実際に撮影してみて驚いたことは、自分がイメージしているようにはできていなかったということです。

わからないものですね。自分の身体がどのようなフォームでやっているのか、あまりにもダサくてびっくりしたり。所詮人間とはそういうものです。

身体でもそうなのですから、内面なんてもっと分からなくて当然なのかもしれません。他人のことはよくわかるのに、自分のこととなるとまるで分からない。

かといって、内面を動画撮影して確認することなど不可能なので、やはりマインドを見るという練習がとても大切なことなのだろうなと改めて思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA