自分自身は何処にもいない

私たちは、自分の肉体が何処にあるのかは分かっていますが、自分自身がどこにいるのかを知っている人はいません。

もしも知っていると言い張る人がいたら、その人は自分は自分の肉体の中あるいはその周辺にいるに違いないと信じている人です。

肉体から離れて、途方もない場所にいるなんて考えるのは、頭がおかしい人だということです。それは勿論そうですね。

けれども、その考え方というのはあくまでも自分という存在は個人だという思い込みの上にあるものです。

もしもそんなことを一切忘れて、さらに身体の中にいるという感覚も傍に置いてしまったら、やっぱり自分がどこにいるのかなんて分からないのです。

実はそれが真実であり、そのことを誰もが本当は知っているのです。自分の肉体以外の自分を見た人はいないのです。

自分の本質が全体性であるなら、それは場所というものがないので、どこにも見つけられないか、全部だということになるからです。

だからこそ、繰り返しになりますが、自分自身がどこにいるのかを知ることは元々不可能だったということですね。

この事実は、夢の中の自分がその夢をベッドの中で見ている自分を、夢の中に見つけられないのと似ています。

本当の自分はその夢の外側にいるからですね。ということは、私たちの本質も、この世界、この宇宙の外側に在るということになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA