子供時代の消化不良が後々問題になる

人は成長する段階で、特に子供時代と言われる大切な時期に、やっておくべきこと、体験する必要のあることなどがあるのです。

そうしたことが何らかの理由で足りてなかったりして、十分に体験できないままに大人になってしまうと、後々色々と面倒なことになるのです。

例えば、無邪気で過ごす時間が必要な時に、それができずに大人の顔色を伺ってみたり、妙に大人びた子供として生きてしまうことがあります。

そうなると、使われなかった無邪気さが、理性で生きようとする大人の中で炸裂してしまい、困った人になる可能性が出てくるのです。

あるいは、十分に甘える体験をしなければいけない時期に、甘えることができなかったり、かまってもらえずに大人になった場合にも問題が起きてきます。

甘えたい、かまって欲しいが残存してしまうため、大人になっても子供じみたかまってちゃんになることもあるかも知れません。

本人としては何の責任もないのですが、子供時代の欲求が消化不良を起こしているため、理性では太刀打ちできなくなってしまうのです。

このような場合の癒しの方法として有効なのは、大人の自分が内側で暴れている過去の幼い自分の存在にまず気づくこと。

そしてその子に対して、理想の親のように向き合ってあげること。気持ちを受け止めてあげて、甘えさえてあげて、十分にかまってあげるのです。

そのような作業を繰り返し続けていくことで、次第に子供の頃の自分が満足するようになり、大人の自分が困った事態から解放されるようになるのですね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA