本当の自由

私たちは一般的に仕事などに追われて忙しくしている時間と比べて、ゆったりと気ままな時間を過ごしてる時のことをイメージすると、何かとても快適でリラックスしている感じであって、それは間違いなく自由だなあと思いますね。

確かに束縛されてるわけではないですから、テレビを観ようが音楽を聞こうが大好きなモノを食べようが自由だというわけです。

あるいは奴隷だった人が、重い手かせ足かせをはずされて、どこへでも行っていいよと言われたら、それこそ自由の身になったと言って喜ぶことでしょうね。

よほど特殊な事情でもない限り、我々は制限されるよりも自由でいたいと思うものです。でもここで一度、自由ということについて、真剣に考えてみてください。

自由とは、言動を束縛されないこと、あるいは思考を制限されないこと、と定義できると思います。では、気ままな時間を過ごしている時は、本当に自由でしょうか?

実は我々のマインドというのは、そんなに自由でいるわけではないのです。それは意識そのものがエゴの作ったものだからなのです。

この自分というものが自己なのだと認識している自分の意識、これがクセモノなのです。寝ているとき以外は通常意識が表面に現れていますね。それで気ままな時間を意識できるわけです。

しかし、それがエゴの作った世界に限定されていると考えるとどうでしょうか?それでも本当に自由だと言えるでしょうか?

自由気ままな時間を過ごしていると思っているその背後には、しっかりとエゴのシステムが動いていて、そこから逸脱できないようにされているのです。

だからこそ、不思議なことはそうそう起こらないのです。一般常識的に理解に苦しむような事柄というのは、この世界を現実のものと思わそうとしているエゴからすると、かなり厳密なルール通りに推移する必要があります。

それでこそ、この世界はやっぱりホンモノだと我々に思わせることができるのです。そしてエゴの世界ですから、愛もなければ赦しもありません。あるのは、逆に恐れや怒り、そして絶望などです。

ニセモノの愛も豊富にあることはあるのですが、真実の愛からはほど遠いものがあります。そういった世界で生きている私たちが、いくら勝手気ままな時間を過ごしているとしても、それは愛のない限定された世界での話しなのです。

それを自由と呼んでいるわけですね。では本当の自由とはどこにあるのでしょうか?

つづく

与えること その3

また続きです。

与えたものは与えられるという愛の法則について昨日はお話しました。最近、自分が体験したこの愛の法則のことを少しお話ししたいと思います。

実は私は、自分の時間を奪われることがとても苦手で、すぐにイライラしてしまうという面がありました。

例えば、何かの勧誘の電話がかかってきて、テレビを楽しく見ていたのを邪魔されるとか、食事の時間を中断されるなどがあると、もうほんの数分だけでも苦々しい思いをするのです。

ある日、数時間程度の空き時間ができて、その時間を利用してじっくり奇跡のコースのテキストを読もうと思って、予定どおり勉強していたのですが、勉強を始めてすぐに電話がかかってきてその時間を邪魔されたのです。

いつもなら早く切ろうと思うのですが、その時は思いなおして相手の気持ちに寄り添って自分の時間をあげちゃおうと思ったのです。

そう決心してからはイライラすることもなく、穏やかな気持ちで応対することができたのですが、結局ほとんどの時間を電話での対応に使ってしまったために、予定していたコースの勉強はできずに終わりました。

それでも、特別損をしたような気持ちになることもなかったのです。そして、奇跡はその後寝る前に起こりました。

就寝前の少しの時間でもいいから、今日読む予定だったところを読もうと思ってしばらく読み進めているうちに、気が付いたらその日予定していたところを全部読破してしまっていました。

驚いて時計をみても、それほど時間はたっていません。びっくりしたのですが、その時に愛をもって時間を与えたために、その時間を与えられたのだと気づいたのです。

しかも、常識では考えられないことですが、時間の進み方を調整されたとしか考えられないのです。おかげで、通常通りの時間に寝ることもできました。

時間については、もう一つ経験があります。昨年末にハワイに行った時のことですが、成田まで吉祥寺からリムジンバスで行くことにしていたのですが、乗ってからすぐに大渋滞の中に入ってしまいました。

運転手さんに聞いても、相当やばいかもしれない、というだけで、夜でしかも雨が降っていたためか、首都高の電光掲示板には渋滞60分と出ていました。

このままだと、完全に飛行機に乗り遅れるわけです。いつもだと、またイライラして成田に着いたときに大慌てで走っているイメージをしてみたりするところですが、その時は成り行きに任せようという気になって寝てしまったのです。

考えてみると、これは渋滞を赦すという気持ちになったのでしょう。これはある意味、愛を伴う意識に違いありません。その後、途中で目が覚めると、渋滞は解消していてバスは気持ちよく走行していました。

考えられないことですが、結局バスは定刻どおりに成田に到着してしまったのです。きっと渋滞という状況に対して、赦すという愛を与えることができたために、必要となる時間を与えてもらえたのだろうと思っています。

愛をもって与えることをすると、人生がとても都合よく回りだします。それは、愛を与えてもらえるからです。そしてそれは様々な形となって、自分が受け取れるようになるのです。

是非試してみてください。そして、一度でもこの経験をすると、与えることが自分を幸せにするのだと身に沁みて分かるようになるはずです。

与えること その2

昨日のつづきです。

○ 足りないと感じるものを手に入れる

○ 手に入れてるものを奪われないようにする

このどちらを続けていっても決して幸せにはなれないということが分かってしまいましたので、ではどうしたらいいのかということを説明していきます。

この両者のどちらにもエネルギーをつぎ込まないようにするということです。そのかわりに、新たな切り口を見いだす必要があります。それは、

○ 与える

ということです。上記二つの行為はエゴの専売特許なので必ず恐れを伴うことになりますが、一方でこの与えるという行為は愛を伴って行うことが可能なのです。

確かに、エゴの心で与えるということをする場合も実はあります。断れないので、仕方なく付き合うなどの場合には、不安や恐れを伴って自分の大切な時間を与えてることになりますね。

しかし、多くの場合には相手への暖かい思いやりをもって与えるということになります。勿論与えるものは、目に見える物理的なモノだけではなく、気持ちや行為などの場合もありますね。

いやいや与えてばかりいたのでは、自分の所有しているものがどんどん減って行ってしまい、とても幸せになどなれるはずがないと思われるかもしれません。

それは尤もなことですね。それは私たちの常識では、与えると減るし、与えられると増えるという物理的な法則があるとしているからです。

ところが、愛を伴った与えるという行為では、この法則が当てはまらないのです。どういうことかというと、与えた分だけ与えられるという愛の法則が適用されます。

よく自分が人にしたことは帰ってくる、などと言われることがありますが、実はこの与えたものは与えられるという愛の法則のことを言っていたのです。

100円あげたら、100円が戻ってくるという意味ではありません。その表面的な行為が戻ってくるのではなく、その行為に伴って与えた愛が何かの形となって与えられるということです。

ですので損をするからやめろというエゴの声に耳を傾けずに、与え続けることで自分が益々豊かになっていくのです。

つづく

与えること

私たちの人生というのは、概ね次の二つのことを死ぬまで続けているだけではないかと思います。

○ 足りないと感じるものを手に入れる

○ 手に入れてるものを奪われないようにする

前者は心の中にしっかりと根付いている欠乏感を何とかして満たそうとする行為ですね。後者は自分が所有しているものを奪われてしまうのではないかという恐れから、それを防衛しようとする行為です。

つまり、不足しているものを手に入れ、手に入れたものを失わないでいるということです。

そしてこの両者を失敗することなく、なるべく無難に成功させていくことが人生の幸せだと何となく漠然と思っています。

シンプルな例をあげると、大好きな人と結婚して、その後その人を他の誰にも奪われないで生きていくということです。

確かにそれが幸せと思える人もいるでしょうけれど、これだけで幸せになれるという保証もないことは自明ですね。

足りないものを手に入れて嬉しいのはその時だけです。つまり一時の喜びや安心感を手に入れるということなのです。

そして、その足りないという欠乏感は実は自分が個別性を持った個体であるという分離から来ているものなので、何を手に入れても本質的に満たされるということはないのです。

ですから足りないものを手に入れる行為は死ぬまで続いてしまうのです。また、所有しているものを奪われないようにするというのは、明らかに防衛であって、この根底には恐れがどっしりと鎮座しています。

いつもお話しているように、防衛はエゴの仕事であってそこには愛がありません。ですから、奪われたらどうしようと不安を持ちながら生きることに幸せはありません。

結局、この二つの行為を続けていく人生には、本当の幸せはやってこないということになってしまいます。ではどうしたらいいのでしょうか?

つづく

向上心 その2

昨日のつづきです。

私が知っている限り、愛がベースの向上心というのはとても少ないように感じています。ほとんどがなんらかの恐れを伴って自分を向上させようとしているのではないかと思います。

今の自分のままではダメだ、実は自分はもっと頑張れば絶対もっと出来るはずなのだ、という思い込みがそこには必ずあるのです。

そして、こういった思いというのは自分ばかりではなく、家族や親しい相手に対しても抱いてしまう場合がとても多く、それが愛だと誰もが勘違いしてしまうのです。

例えば親が子供に対して、もっといい点がとれるはず、もっといい学校へ行けるはず、のように、こういった期待をしてしまいがちなのです。

この場合には、期待する方も期待される方も幸せからは遠くなってしまうのです。なぜなら、期待通りなら一時の安心、期待を裏切ったら必ず不服になるからです。

思い出していただきたいのは、大切なのは幸せかどうかという一点だということです。向上するという意味もそのことを抜きにして考えるのでしたら全く意味がありません。

愛を伴う向上心の場合には、上手にピアノが弾けるようになったら本人が嬉しいというシンプルな結果を期待しているだけです。

恐れを伴う向上心の場合には、もっと上手にならなければみっともないし、ライバルに負けたくないという思いです。もし、上手になったとしても瞬間的な安堵があるだけで、心の平安は期待できません。

「もっとできるはず」、これを手放すことがとても大切です。クロールでなんとか25m泳げる人が、もしかしたら自分は水泳ができますと言うかもしれません。

しかし、瞬間的な頑張りで何とか泳いだだけでそこには楽しさを感じられません。このような場合にも、根底には「私はもっとできるはず」があるのです。

心に余裕を持って、平常心を保ちつつ気持ちよく泳ぐことができなければ、自分は水泳ができますとは思わないことです。

今の自分を心底認めることができたら、「もっとできるはず」と頑張る必要は全くなくなってしまいます。

この認めるというのは、言葉を変えて表現すると赦すということかもしれないですね。なぜなら、この否定的な向上心はダメな自分を罰しているという状態であるからです。

そういった今の自分を罰することをやめて、そのままを受け入れる、つまり赦すことができたら、恐れを手放すことになるのです。

自分自身についても、また愛する家族や親しい人達に対しても、この「もっとできるはず」を手放して赦すことを実践していきましょう。それが、自分や相手への心の負荷を減らして、のびのびと暮らすことにつながるのです。

向上心

私たちは、向上心があるおかげで昨日よりも今日、今日よりも明日という具合に常に前へ進んで行こうとします。そして、年齢を重ねるごとに心身ともに成熟して立派な大人へと成長していきます。

ですから、この向上心というのは自分を進化させる原動力とも言えるわけです。ところが、よくよくこの向上心が何から出来ているのかを調べてみると、ベースとなるものは愛か、もしくは恐れであることが分かります。

愛の場合には、例えばもっと自由にピアノを弾いてみたいというシンプルな理由でピアノを練習するといったような向上心となります。

一方、恐れの場合には、もっと上達しなければライバルに負けてしまうし、親をがっかりさせてしまうし、先生に怒られたくない、などのような理由で練習することになります。

恐れをベースとした向上心の場合に特徴的なのは、今の自分を否定しているということです。自己嫌悪や自己否定によって、このダメな状態から脱却したいという向上心であるわけです。

これがひどくなると、とても向上心とは呼べないくらい深刻な気持ちになっていたり、今の自分ではダメだと悩んでしまうことになります。

理想的な自分像というものをいつもどこかに掲げておいて、その理想像と自分の現実を比較してその落差に落ち込んでしまうのです。

それでも本人はあきらめることなく、あくまでもその理想像を追い求めることを続けてしまうのです。ですから、いつまでたっても、満足するということがありません。

負けず嫌いの人にも、このような傾向があるかもしれません。その場合には、ターゲットが理想の自分像ではなくて、ライバルである場合が多いのです。

こういった場合には、確かに頑張ってなんとか今よりも向上しようとしますので、この社会でそれなりに認められるようになる可能性は高くなります。

しかし、人に認められるということは瞬間的なことであって、すぐにまた今のままでは自分はダメだというところに戻ってしまい、またあくなき理想の追求が始まってしまいます。

今の自分のままではダメだ、自分は頑張ればもっと出来るはずだ、というこの二つの思いを手放すことができないと人生の平安は決してやってこないのです。

つづく

罪悪感 その2

昨日のつづきです。

相手のことを罪深いとして裁くのは、実は自分の心の中にある罪悪感の投影なのです。だからこそ、自分の罪と相手の罪は全く同じものだと言えるのです。

自分の中に罪の意識が全くなければ、自分の周囲に罪深い人を見つけることはできません。逆に強い自己嫌悪や自己否定などと一緒に激しい罪悪感を持っていると、周りに執拗に罪を犯す人がいたり、加害者的な人が沢山出現することになってしまいます。

ということは、自分の罪深さを赦すことができたら、相手の罪も赦すことになるわけです。そして、その逆のことも言えます。相手の罪を赦すことができたら、自分の罪悪感も解消されるというわけです。

特に、自分の罪悪感をあまり自覚できない人にとっては、相手の罪を赦すことに専念することで、無自覚のまま自分の罪悪感を減らしていくことができるのです。

「奇跡のコース」では、このことを繰り返し言い続けています。しかも、罪を赦すというよりは、罪は無いとして赦すということです。

その本質的な赦しの方法によってのみ、完全に赦すことができるのです。完全に赦すことができると、罪が消滅してしまいます。というより、元々罪というものはなかったと気づくと言ったほうがいいですね。

罪は自分と相手の間を埋めているものと、以前のブログでお話ししましたので、その罪が消滅するということは、相手との隔たりがなくなってしまうということです。

そして、私たちはそれぞれに違うことを考えて生きている個体であると思っていたものが、元々の一つの存在に戻るということです。

罪悪感

私たちは罪悪感について、普段深く語り合うということはあまりないかもしれないですね。罪悪感を強く感じてる人もいれば、自覚があまりないという人もいるはずです。

罪悪感というものをすごく簡単に説明するとしたら、過去の自分の言動において悔やんでいる思い、ということが言えると思います。

そして、通常罪悪感と共に、もっと分かりやすい表現でいえば、自己否定、自己嫌悪などの感覚も伴うのかもしれません。

一般的に、加害者と被害者がいる場合には、罪悪感とは加害者側の心の状態であるといえます。また、加害者ではない場合にも、罪悪感を感じることはできます。

例えば、決められたルールを守らなかった場合など、そこに被害者はいなくても自分はダメなやつだとして罪悪感を感じることがあるはずです。

罪というのは訂正することの出来ない過ちのことです。キーボードで文字を打ち間違えたら、デリートキーで文字を消して打ち直せばいいですね。これは訂正可能な過ちです。

しかし、人を殺してしまったら、これは訂正できるとはとても思えません。この感覚が罪の意識ですね。訂正できないので、罰が必要となるのです。

罪に対して罰を与えることによって、幾分罪悪感を減らす効果があるのかもしれません。ただ、罰によっても罪がなくなるというわけではないのです。

したがって、罪を犯したという罪悪感は、過去の言動への悔やんでる思いとして永遠に残ることになってしまうのです。

実際、大きな罪悪感を抱えてしまって、思い出すたびに心が深く沈んでしまうという状態で生活している方もいらっしゃるはずです。そういう場合に、思い出さないようにしてしまうこともあるでしょうね。

しかし仮に記憶を開かないようにしたとしても、心の中に罪悪感が沈殿していると人生が灰色に感じてしまうかもしれません。

人はどうしてそんな都合の悪い罪や罪悪感というものを持ってしまうのでしょうか?
何か深い理由があるとは思いませんか?

たとえどんなことがあったとしても、自分の罪をきれいさっぱり水に流してしまうことができれば問題はないはずですね。でもそうは簡単にいかないようです。

それが簡単にできないのは、自分が被害者の立場になったときに、その加害者の罪を水に流して赦すことが簡単にはできないのと同じと言っていいと思います。

自分の犯した罪も相手の犯した罪も基本的には同じです。片方は赦せて片方は赦せないということはないはずです。それはなぜかというと、両者は全く同じものだからです。

つづく

死について その2

昨日のつづきです。

「奇跡のコース」を学ぶことで、死によって何も解決することはないということがはっきり分かったのです。死は生きること以上に幻想でしかあり得ないと感じるようになりました。

しかし、ここで言っている死は幻想だというのは、死んでも魂は残りまた転生してこの世に生まれてくるということを示唆したいのではありません。

実際、催眠療法のセッションにおいて、ごく自然にクライアントさんご自身の過去世と思えるような記憶のところへ戻ってしまうことが時々あります。

ご本人も知らないような昔の家の造りを鮮明に見てしまったり、その時の自分の気持ちや感情が溢れてきてどうしようもなくなったりすることはよくあります。

つまり、この現実を生きている時に負けないくらいにはっきりとした感覚が出てきたりします。勿論、催眠療法のセッションでなくても、普段の生活のふとした時にそういった記憶と思えるようなものが蘇ってくることもあります。

私自身も何度かそのような経験があります。そういった経験によって本人の心が少しでも楽になるのであれば、それはそれでいいのです。

つまり、輪廻転生、過去世や前世などの真偽を議論したりする必要はないということです。それは私に言わせれば、自分の夢の中でどんなことが起きていたかということを議論するようなことだからです。

夢の中で何が起きようと構わないのです。起きているか起きていないかには夢ですから意味はないということです。

大切なことは、夢とはいえ自分がどれだけ聖霊の愛に従って生きる経験をしたかどうかというその一点だけなのです。それは、この現世でも、過去世でも全く同じことなのです。

死について

私はずっと長い間、死んだら目が覚めるのではないかと思っていました。

幼い頃に高熱を出して、夜布団の中でうなされて、そして朝目が覚めたら母や父がそばで自分を見ててくれて、「よく寝てたね、熱も下がったからもう大丈夫だよ。」って言ってくれた、その時のイメージとすごくダブるのです。

寝てる間に何だかひどい目に遭っていたようにも感じるんだけど、でも目が覚めたら自分はしっかりと見守られていて、愛を感じ、いやな夢から抜けられて気分もよくなっていて、何て嬉しいんだろう。そんなイメージです。

だから心のどこかで早くこの面倒くさい人生が終わらないかなあと思っていました。だって終わったら夢から覚めてとても心地いい場所に戻れると思っていたからです。

ところが、「奇跡のコース」と出会ってから、全くそうは思わなくなってしまいました。コースでは、死んでもこの現実という夢から覚めるわけではないと説いています。

我々は生きていても、死んだ後も全く同じ一つの夢の中にいるということです。自分が夢から覚めるためには、聖霊と共に生きてできるだけ純粋な愛の心を取り戻すことがどうしても必要なのです。

なので、早くこの人生が終わらないかなあという気持ちはなくなり、その代わりに今生きている間に出来る限り、愛を取り戻したいと思うようになったのです。

それまでは明確な生きる目的というものもなかったですし、この世界での自分の役割などというものはないと思っていました。だから死がすべてを解決するものと思っていたのです。

今では死によって何も解決することはないということがはっきり分かったのです。死は生きること以上に幻想でしかあり得ないと感じるようになりました。

自分の本当の姿はスピリットなんだということを思い出せば、人間として生きたり、死んだりすることはあまりにも物質的な錯覚でしかないということです。

みなさんはどう思われますか?