赦しの実践 その2

昨日のつづきです。

赦しの実践はとにかくできるところからでも、失敗してもいいから毎日続けることが大切だというお話しをしました。

それは、沢山の失敗をすることが真の癒しへの道だからです。ここで、私がしでかしてきた間違った赦しの方法のいくつかをご紹介したいと思います。

間違った赦しとは、エゴの赦しと呼んでいるのですが、「奇跡のコース」が教えている真の赦しとは完全に違うものだと理解する必要があります。

一番間違いやすい赦しの方法は、相手を見下すことで赦そうとするやり方です。見下している自覚は自分にはありませんが、油断するとこれをよくやってしまいます。

例えば職場において、自分より経験の少ないある同僚が犯したミスは、赦せていたはずなのに、仮に自分を出し抜いて出世してしまったその同僚が、またミスを犯した時には激しく責めたくなる、などはその典型かもしれません。

また、上記の赦しの方法に似ているのですが、理屈をつけることで相手を赦すという間違った赦しもあります。

例えば、部下のミスにいつも腹を立ててばかりいたはずなのに、その部下が自分の知らないところで毎日寝不足になるくらいに残業していることを知ったら、そのミスを赦す気持ちになるかもしれませんね。

このように何らかの理屈をつけることで相手を赦そうとすることは、誰でも日常的にやっていることだと思います。

そのほか、謝ってくれたから赦すというのもありますね。その場合、相手の謝り方によっても、赦す気持ちになれる場合となれない場合があります。

また、自分の大切な人のやったことだから、赦せるよという場合もあるかもしれません。こういった赦しは条件付赦しと呼んでもいいでしょうね。

あるいは、取引による赦しという間違った赦しもあります。赦すことによって、自分を寛大な心の広い人格者だと見なすことが出来るとか、人からいい人だと高い評価をもらえるなどの期待をする場合です。

ここまで見てきたように、それこそ様々な間違った赦しのテクニックというのがあり、私も知らず知らずのうちにそういったエゴの赦しをやってきました。

そういうことを繰り返して、その結果納得がいくような赦しが出来てないなと気づくところから、真の赦しへの道が開けるのかなと思っています。

ちなみに、真の赦しの場合には、罪というものはないし、罪の温床である過去もないという感覚の上に成立する赦しを指します。

みなさんも、これを機会に、赦すということについて少し時間をとって心の中で見つめてみることをお勧めします。赦しは全てを救うことができますよ。真の赦しは愛を与えることと同値ですから。

赦しの実践

「奇跡のコース」を学んでいると、真の赦しというものがどれだけ大切なことか、そしてそれがどういうものなのかということを理解することができます。

しかし、理解することだけではやはり何の意味もありません。日々の生活の中でどれだけ実践していくかということにこそ、本来の意味があるわけです。

過去に起きた、本人にとってはとても大きな心の傷になっているような出来事があるような場合には、それを赦すことはとても難しいと感じてしまうのは当然のことですね。

しかし、実際には赦しの実践において、これは難しい、これはたやすいというように、赦しの難易度があると感じるのはこの世界の錯覚だと「コース」は言っています。

であれば、どうしても難しく感じてしまう案件に引っかかって赦しの実践をストップさせてしまうよりは、毎日の生活の中で比較的小さな事と思われるようなことに対して赦しの実践をしていく方がいいということになります。

私たちは、理不尽なことが自分の身に降りかかってきたと感じた時には、自分を防衛しようとする無意識の活動を起こすために、相手への攻撃的な怒りを発動させます。これは、相手を裁いた結果であることは明白です。

相手に対して、あなたの言動はまともではないので、私はそれに抗議もするし、あなたを否定したくもなるのだとして、自分を正当化しようとしてしまいます。

これが、赦しのちょうど真反対な生き方であるわけです。自分を正当化しても決して人生が幸せになるわけではありません。それよりは、相手を裁くことを手放して、赦すことを実践するのです。

赦しの実践を継続させることで、それを習慣にしてしまえばいいのです。習慣化されると、当たり前のように「赦す」ということがいつも頭のどこかにあるため、いつなんどきでも忘れることがなくなってきます。

「コース」の教える真の赦しとは、罪はないとして赦す、あるいは何も起きてないとして赦すということなのですが、これはなかなか受け入れがたいですね。

私は個人的にはそれよりも、まず赦すことを当たり前のように意識して生きる習慣をつけることから始めることが大切だと思います。

そうして、実践を重ねることで、我々が普通にしているエゴの赦しと真の赦しの違いが身をもって分かってくると思うのです。

エゴの赦しの場合には、赦したつもりでも相手の応答によってはまた怒りが出てきたりしますし、あるいは赦したつもりでもしばらくしてただ我慢していただけだったと気づく時もあります。

そういう時は、これはうまく赦せてないなと何となく自分で分かるはずです。このような失敗を繰り返すことも必要なことかもしれません。

そして自分なりに工夫をするようになっていきます。私の場合には、相手を赦したくない気持ちが少しでもあれば、それを自分の心の愛の部分に投げてしまいます。

それをしつこく何度も繰り返して行くうちに、何となく気持ちがすっきりとしてきたりします。他にもいろいろな工夫をして赦しの実践をしています。

そして気が付くと、今まで気になっていたことが、どうでもいいやという気持ちになっていたりして、それはとても嬉しいことです。その分だけ生きやすくなったということですから。

それを実感すると、今後も赦しの実践を続けて、更に真の赦しに近づけていけたらいいなと思います。

素朴な疑問 その2

昨日のつづきです。

最もシンプルで素朴な疑問である、宇宙って何だろう?や、自分ってナニモノだろう?というようなことと真剣に向き合うことが、なぜ人生を幸せにすることと深い関係があるかというお話しをします。

いつもこのブログで言ってるように、幸せとは永続的に心が平安な状態であることです。そのためには、心の中に何の葛藤もあってはいけません。葛藤があるということは、心の中に互いに相容れない思いや思考が同時に存在すると言うことですから。

一番簡単な例として、分かれ道にさしかかったときに、右へ進みたいという気持ちと左へ行きたいという思いが同時に一つの心の中にあれば、葛藤が発生するわけです。

葛藤があれば、心は混乱し、とても平安な状態でいられるわけがありません。そういった葛藤は、実際の行動として右へ進んだとしたら左へ行きたいという思いは我慢をさせられるわけです。勿論その逆もありますね。

そして我慢が繰り返されると当然それは怒りとして蓄積していくことになります。怒りの裏側には自己犠牲が張り付いて、場合によっては絶望感が出てくることがあります。

自分の心の中に何の葛藤も感じた事がないという人はおそらくいないでしょうね。私たちの心は実際のところ、葛藤だらけなんです。それは、心が表面意識、潜在意識、無意識などに分離しているということもありますね。

そして実は、我々の心の奥底には気づかれていない深い葛藤があるのです。そのおかげで人はみな本当の幸せを残念ながらおあずけ状態にさせられているのです。

その一つは、自分はナニモノかということについての葛藤です。大人になると、自然と自分はこの宇宙の中の地球に生を授かって生きている人間という固定化した自分像を常識として持つことになります。

しかし、子供の頃の自分はナニモノなんだろう?という疑問は、そういう常識的なことを度外視したときの、もっと深遠な疑問に思う感覚からきているのです。

そしてそれは、本当は自分がナニモノなのかを心のどこかで知っていることを暗示しています。ただその部分は厳密に封印され、抑圧されて分からないようになっている心の部分にしまわれているのです。

そうしたことから、片方は抑圧されて分からないようになっているとはいえ、私たちは自分はナニモノかということについて二つの相容れない知識を持っているということです。

このことが根本的な心の葛藤を生み出しているのです。そして、「奇跡のコース」では、隠された本当の自分のことを思い出すことによって、表面的に知っている常識的な自分像を打ち破ることで、心の葛藤がなくなり、真の幸せが実現すると教えてくれています。

どうすれば、本当の自分のことを思い出すことができるのか、それは「奇跡のコース」の教えに従って心を訓練していくことで可能になるのです。

素朴な疑問

子供の頃っていろいろなことが不思議だったり、分からなかったりで、沢山疑問に思うことがあったと思うのですが、大人になるにつれて何にも疑問に思わなくなっていくものですね。

自分てナニモノなんだろう?から始まって、宇宙は何だろうとか、死んだらどうなるんだろうなど、ふと思い出してはまた考えるのやめて、そしてまた思い出しては考えてというようなことを繰り返していたと思います。

一番かわいい記憶は、地球は球体で空間に浮いているんだと聞かされて、どっかへ落っこちてしまうんじゃないかと思い、とても不安になったことがありました。

それと、行った事のない外国はどんなところなんだろうと思っていて、ここ日本と同じように地面があって、頭上には空があると聞かされてなあんだ一緒じゃないかとがっかりしたことを覚えています。

そういった、周りの大人に教えられたことは、大人になるにつれて、実際に飛行機などに乗って確かに地球は丸いし、外国へ行っても日本と何も変わらないという経験をすることができるので、子供の頃の疑問は完全に解決できますね。

しかし、最初に書いたようなもっともシンプルな質問は、親などに聞いても答えてもらえないばかりか、自分が成長して大人になっても決して解答は得られないままです。

そしてそんなことを考えていても絶対に答えは見つからないし、第一そんなことを考えても何の足しにもならないとして、大人になるとすっかり忘れてしまうのです。

ところが、人生において唯一価値のある幸せになるということについて、上であげたような素朴な疑問が大きく関係しているということを知ることができました。

そのことを体系立てて教えてくれているのが、「奇跡のコース」なのです。コースは、私たちの日々の悩みや苦痛、人生がうまくいってないと感じるすべてのことに対する解決法を教えてくれています。

その基本となるものが、子供の頃の疑問ときちっと向き合うことなのです。コースは向き合う大切さと、その答えを論理的に教えてくれます。

つづく

学びと癒し その2

昨日のつづきです。

昨日のブログでは、学んでいけばいくほど、癒しの必要性に気付いて行くというお話しをしました。この学ぶという言葉ですが、何か知らなかった知識を身につけるという意味で使われることもあるでしょうし、知識というよりは経験を通して大切なことに気付いて行くという意味合いもありますね。

この後者の気付くという意味合いでの学びがとても重要なことなのです。気付くという言葉の中には、元々は知っていたけど気付いていなかったという裏の意味が含まれています。

この世界では、全く知らなかったことを勉強してそのことを理解できるようになることがすばらしい事だと思われていますね。勿論それに反対するつもりはないのですが、知っていて気付かないでいたことに気付くようになることは、それにも増して大きいことなのです。

それはなぜかというと、前者の学びはエゴがやっていることであって、後者の学びは愛の部分がかかわっているからです。

エゴは、学んで知識を得ることでそれを自分の攻撃力、防衛力として使うことで自立(自律)する方向に進化しようと企みます。それがエゴを生きながらえさせる方法であるからです。

でも愛の自分は、すでに生まれたときから自分はすべてを持っていることを知っているということです。

エゴは自分がすべてを持っているということには絶対に気付かせないようにします。なぜなら、それがばれたらエゴの存続の危機がやってきてしまうのを知っているからです。

もしも自分が何でも持っていると気付いたら、私たちはエゴのいいなりにはならなくなるはずです。気づきとしての学びは、本来の自分の姿に少しずつ近づいていっているということを意味することになるのです。

気付くということが癒しの過程であって、完全なる癒しとは自分が全てを持っているということに本当に気付くことなのです。

学びと癒し

『学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく。気づけば気づくほどまた学びたくなる。』

これはあの相対性理論で有名なアインシュタインの名言の中の一つです。会社を辞めて、何度もヒーリングや催眠療法などを受けて、それなりに自分はもう癒されているという自覚を持って、現在のようなセラピストの仕事を始めたのですが、その後クライアントさんとのセッションを重ねるたびごとに、自分の闇の部分を知ることになりました。

つまり、全然癒されてはいなかったんだということを思い知ったということです。勿論普通の生活ができないというような重いレベルではありませんが。

それを学びという言葉で表現するとしたら、確かに私は学べは学ぶほど、自分の本当の心の状態について何も知らなかったのだということに気づいたことになりますね。

アインシュタインの残した言葉どおりだったわけです。しかも、気づけば気づくほと、更にまた学びだくなるというのも彼の言葉どおりの事実で、どんなクライアントさんとのどのようなセッションであっても、必ず自分にとっての学びになることも分かりました。

そして今では、自分の心が何で完全に癒されていないのかという理由まで相当にはっきりと分かるようになってきました。そして分かれば分かるほど、癒しを進める方法も分かってくるのです。

この仕事を始めたころと今とで一番の違いは、問題を問題として捉える姿勢が変わったということです。今は問題は誰の心の中にも必ずあって、その根底にある原因はすべて一つだということも分かりました。

心の癒しというのは、人間としてこの世界で生きている限り絶対に必要であるということの認識がはっきりできたのです。癒しなど必要ないと思っている人がいるのであれば、それは本当の自分にまだ気づいていないということを表しているのです。

ですので、癒しは特別なことではありません。すべての人が気づいて行くなかで、その必要性を痛感することになるはずです。

瞑想 その2

昨日のつづきです。

昨日は我流で私が続けている瞑想の目的は、心の平静を取り戻すための簡単なものだというお話をしました。

瞑想を自分一人ではうまくできないと感じる方も結構いらっしゃるようですが、勿論そのような場合には、市販されている瞑想用のCDなどを利用するのも一つの方法だと思います。

ただそういったものを利用すると、比較的寝てしまって瞑想ではなく睡眠になってしまうというお話を聞きます。寝てしまうのもリラックスできている証拠ですから悪くはないですが、瞑想にはならないですね。

瞑想中に寝てしまわないようにする一つの方法は、身体のどこか一点に意識をずっと向けていることです。この方法は簡単ですが、かなり効果が期待できます。

私の場合には手や腕に集中したり、鼻腔に意識を向けて自分の呼吸を感じるようにすることもあります。ただ何も考えないようにして、いわゆる無念無想を求めるとかえって寝てしまうことになるかもしれません。

私が瞑想する場合には、平静を取り戻す以外にもう一つの目的があります。それは言葉ではなかなか表現し難いのですが、少し特殊な意識の状態になろうとしているのかもしれません。

ですので、この場合の瞑想は普段の瞑想よりもかなり長く時間をかけます。30分から1時間以上かける場合もありました。

ちょうど今から一年前くらいからこの瞑想を始めて、ほぼ毎日のように朝やっていましたが、この数ヶ月はあまりやらなくなってしまいました。

うまく深い瞑想状態になれたときには、何か自分の身体からの感覚が一点になった感じがまずしてきて、ここまでは気持ちいいのですが、身体の感覚がもっとヘンになってきたときに、必ずといっていいほど恐怖を感じ出すのです。

それで最近はあまりやることがなくなってしまいました。それと、朝は「奇跡のコース」のワークを読んだり、テキストを読んだりする時間に当てる事のほうが有意義に思えるようになったということもあります。

そして後もう一つ、そういう瞑想をする必要性をあまり感じなくなってしまったというのが本音なのです。それには、やはり「奇跡のコース」を学んでの変化が影響していると思います。

とても深い瞑想に入って何か特別な意識状態になるということを期待する自分がいたということに気づいて、その期待は、どうやらエゴが欲しがる愛以外のものを求めていたと分かったのです。

もう特別な瞑想を必要とする自分を選択する必要はなくなりました。ごく普通の心を中立にして平安な状態を保つための瞑想だけで充分です。機会がありましたらご一緒に瞑想できたらいいですね。

瞑想

今の仕事をするようになって、知らず知らずのうちに瞑想をするようになりました。最初のきっかけが何だったかは、はっきり覚えていないのですが、今では自分にとってはごく日常的なものとなったのです。

ただし、この瞑想という言葉の意味を深く理解して使っているわけではないので、もしも詳しく正確な情報を知りたい方は専門書などで調べてみて下さい。私の瞑想は全くの我流ですので、もしかしたらそんなのは瞑想じゃないよと言われてしまうかもしれませんね。

それでもまったく反論できない程度のものですが、でも一応面倒ですので、瞑想という言葉をここでは使わせていただきます。

私はもうかれこれ10年近く、瞑想をし続けています。勿論、全くしない日もあるのですが、でも気が付くとそういう日でもあっという間の瞑想をしていたりします。

私の瞑想には、その用途によって大まかに二種類のものがあります。一つは、単純に心の平静を取り戻すためのものです。

クライアントさんとのセッションの前には大抵、5~10分程度は瞑想することにしています。それは、出来る限り、自分をまっさらな心の状態にしてセッションに望みたいからです。

セッション直前に別のクライアントさんからの悲痛なメールなどを読んだりすると、その内容に心が揺れ動いてしまったりして、完全な中立の状態から逸脱してしまうことがあります。

そうなっては、セッションにいらっしゃるクライアントさんと向き合うには不適切な心の状態といわざるを得ません。それを避けるためにもセッション前の瞑想は必要なものとなっています。

また、朝起きて決められた作業を心の中で行うのですが、そういったときにもこの平静を保つ瞑想が役に立ちます。というよりは、そういった作業そのものは瞑想の中で行うのが自然だと思っています。

また、ヒーリングセッションの場合にも、その直前に必ず短時間ですが瞑想します。その瞑想の中でヒーリングの準備作業をしています。

この平静を取り戻す瞑想では、特別なことは何もしていません。ただ、呼吸に意識を向けて静かにしているだけで、身体の血の循環がよくなってくるのが分かります。

そして、自分はそれまで冷静でいたと思っていたとしても、その瞑想をすることで身体のどこかに力が入っていたことが分かったりして、やっぱり瞑想をしてよかったということを実感することができます。

つづく

お金の恐怖 その2

昨日のつづきです。

経済的な問題がすべて解決したら、自分の人生は全く違うものになるのにと思っている人が沢山いるというお話しをしました。

お金が沢山あったら、気に食わない上司の下で我慢しながら仕事をする必要もないし、欲しいものを我慢せずになんでも手に入れられるなら、毎日楽しい人生を生きることができると考えがちです。

ではお金持ちが全員幸せかというと、そんなことは絶対にありません。お金の不安を感じないで生きられているだけです。

それでもお金のことをいつも心配しながら生きている人にとったら、お金が沢山あってお金の心配をする必要のない人を羨ましいと思うのは当然のことですね。

ところが、癒し、つまり幸せになるという観点からみていくと、お金が沢山あることはマイナス要因となる可能性が大なのです。

それはお金の上に安心というあぐらをかいてしまって、自分を見つめることをしなくなってしまう場合が往々にしてあると思われるからです。

例えば、いやな上司がいるからといって、すぐにその職場を辞めてしまうのであれば、なぜいやな上司がいるという現実が自分の身に起こっているのかという本質を見ようとしなくなってしまうのです。

そうなると、違う職場に異動したとしてもまたそこでも同じような苦痛な人間関係が発生してしまいます。それは、何も職場に限ったことではなく、人が生きるうえで大切なすべての人間関係にも同様のことが起きてしまいます。

人間関係で発生する問題は、100%本人の心にその原因があるので、そこを見ないようにして生きる限り問題の解決はできないのです。

お金にあぐらをかいて、いやな人やいやなことから逃げてしまうと、人生は実りあるものには決してならないのです。

そして、お金の不安そのものを持っているということ自体が、実は心の癒しを進めていくためにとても必要なことなのです。

お金の不安を解消するのは、お金持ちになることではありません。大きなシナリオに身を委ねることによってしか、本当の意味でその不安や恐怖を手放していくことはできないと分かることです。

そのことを理解して、お金の不安を手放していくことができたら、他の恐怖や不安も同様にして乗り越えていくことができるようになります。

そうすると、自分を防衛することからも開放されることになり、結果として本当の幸せを見い出すことに繋がっていくのです。

お金の恐怖

私たちは多かれ少なかれお金に対する恐れや不安を抱えながら生活しています。今のような過去に前例のないくらいの不況の最中であれば尚更かもしれませんね。

子供の頃はその家庭の経済的な事情に左右されてしまいますから、一概には言えませんが、何の不安ももっていないということは少ないはずです。

ましてや大人になると、人生の関心事の中でもある意味一番大きなことになってしまうかもしれないのが、このお金の問題です。

生活していくためには、普通自分で働いてお金を稼ぐか、あるいはパートナーが働いて得たお金が必要となりますね。

ですから、もしもお金が無くなってしまったらどうしよう、生きていけなくなってしまうという予期不安を強く持っているのです。これは、自分や家族の生死がかかっていると思えば当然のことです。

そして、このことがセラピーをしていく上でも相当に大きな影響力を持ってしまうのです。自分の人生を変えたいのだけど、そう簡単に変えられないのは経済的な問題があるからだと思っている人は意外に多いかもしれません。

例えば、夫婦の仲がうまく行ってなくて、できれば離婚したいと思っていても、お金の問題があるから怖くてできない、という女性は沢山いらっしゃるはずです。

現代では女性も大勢仕事を持つ時代ですからそうでもないかもしれませんが、昔は女性は結婚したら家にいて主婦をすると決まっていたわけで、そういう時代であれば、とてもおいそれとは離婚などできなかったはずです。

また、自分には合っていないような仕事でも、ノルマがきつくて辞めたいと思っているような仕事にしても、そう簡単に辞められないのは経済的な問題があるからですね。

あの大嫌いな上司の下で働き続けたから私はウツのような状態になってしまったとしてセッションにいらっしゃるクライアントさんの場合でも、じゃあ辞めたらいいでしょうと言っても、それができないから相談に来たのにと怒られてしまいます。

お金さえあったら、自分の人生はいやな仕事からも、不自由な暮らしからも開放されて見違えるくらいに快適な人生に変えられるのにと思っている人は沢山いるでしょうね。

だからこそ、経済的に豊かな人はあまりセラピーにいらっしゃることはないのかもしれません。逆に、辛いのでセラピーを受けたいと思っても、セッション費用が高くてそう何度も行けないよ、というのが現状かもしれません。

このようにお金のために自分は苦しい生活を強いられていると感じてる人が多いと思います。

つづく