私たちはフィクションの中で生きている

私たちのこの宇宙が、どれほど広大な物であれ結局、宇宙空間に存在するのは天体ばかりですね。

なぜかというと、単純な物理法則がベースにあるからです。例えば、太陽と同じくらい巨大な象が宇宙空間にプカプカ浮いているなんてことはないわけです。

なぜなら、物理法則がそんなことは不可能だと導くからです。その結果、宇宙には天体と呼ばられる物以外はないのです。

法則というのは、あらゆる物事をシンプルにしてしまうのです。複雑にする法則なんて聞いたことがありません。

最も宇宙でシンプルだなと思わされるのは、宇宙には素粒子しかないということ。その素粒子だけで、この世界が出来上がっているのですから、これほどシンプルなことはないですね。

素粒子というのは、これ以上分割できないような極小の粒です。その粒だけで、この宇宙が成り立っているのです。

そう、太陽も地球も、私たち人間も象さんもスイカもタンポポもすべてです。見るスケールを小さくしていけば、そういう世界になっているのです。

それ以外、どんな違いもありません。人間とスイカを分け隔てるものは何もないということですね。水や空気や石ころだって、私たちと何の違いもないのです。

そこにはどんなドラマも意味も価値も何もありません。あると思えるのは、私たちが勝手に作り出した妄想、フィクションです。

すべては作りものだと見抜くことができれば、そこには清々しい生の本質が見えてくるのですね。

結果よければすべて良し

先日食事をしているときに、歯の被せ物が取れてしまい、そこをかばって物を噛んでいたら今度は反対方向の差し歯がグラグラし出してしまい、ややピンチ。

いつもの歯医者さんに連絡したところ、2週間くらい先まで予約が取れないと、とてもつれない返事をもらったのです。

しばらく我慢していたのですが、もう差し歯のグラグラが限界になってきたので、どの歯医者さんでもいいから治してもらおうと。

友人に調べてもらったら、なんと事務所の隣の量販店の中にあったので、今日その歯医者さんに行って治してもらってきたのです。

そこでちょっとした衝撃体験?をしたのですが、いつもの歯医者さんと違って治療するところが8席以上もあるような大きなスタジオのような空間。

常にガヤガヤと誰かの話し声が聞こえているような、まるで工場のような場所なのです。こんな歯医者さんの大型店舗は初めてです。

そしてもう一つ驚いたのが、処置してくれた歯科医の女性が若くてものすごく優しいのです。なんだか自分が幼稚園児にでもなった感じ。

いちいち「ごめんなさい!」と言いながら、処置をしていくのですがそれがワザとらしくないので、とても安心させてもらえるのです。

これまで随分とあちこちの歯医者さんを渡り歩いてきましたが、今回の歯科医さんは別格かもしれません。

歯の具合が悪くなるネガティブな経験とは裏腹に、とても心地のいい経験をさせてもらって、結果良ければすべて良しだなと。

ーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画もぜひご視聴ください。

子供は大人の目を盗んで悪さをするもの

小学生の頃というのは、あまり罪悪感とかは感じずに色々やらかしていましたね。そのうちのいくつかを思い出したので書いてみます。

近所でいつも一緒に遊ぶ友達のお兄さんと、その家の床下に潜り込んで遊ぶということをやっていました。

家の裏側に、鉄の板のようなもので塞がれている場所があって、それをどかしてみたところ家の下側の空間に潜り込むことができたのです。

そこに色々な自分たちだけの物を持ち込んで、過ごしていたと思います。この遊びは、不思議なことに友人のお兄さんとだけの楽しみでしたね。

また、信じがたいことに小学校低学年のくせに、タバコを吸っているやつがいたのですが、この話はもう時代を感じさせるモノですね。

近所の少し大きめのドブが塞がれてトンネルのようになっているところに入っていくと、そいつがタバコを吸っていたのです。

こいつ、子供のくせにタバコなんて吸ってと思ったのですが、お前も吸うか?と聞かれて流石に断った記憶があります。

あるいは、これは高学年の頃だったと思うのですが、少し年上の人と一緒に学校の体育館に忍び込んで遊んでいました。

その頃、いわゆるマット運動とかの体操が大好きで、先輩と友人と3人で広い体育館を自由に使いまくるのですから、ウハウハ状態です。

マットなどの道具も使いたい放題で、随分と熱心に練習をしてたと思います。あれで、怪我でもしてバレたら、相当な問題になっていたでしょうね。

実際に学校で、体育館に忍び込んで遊んでいる人がいると噂になったので、速攻でやめました。いたって気は小さい方でしたから。

子供の時というのは、親や大人たちの目を盗んでいろいろな悪さをするものです。自分がやってきたことなので、自分の子供がやっても怒ったことはありませんね。

対価という発想に、愛が入り込む余地はない

私たちが暮らしているこの貨幣経済の根っこにあるものとは、対価を要求するという考え方です。つまりは、取引という発想が原点なわけです。

これだけのことをやったのだから、それに見合ったものを求めるのが妥当であるという考え方ですね。

こうした対価を必要とする考えというのは、やりたくてたまらないことをやった場合には発生しないものです。

なぜなら、やりたいことをやれたことで満足しているからです。そこで完結してしまっているからですね。

逆に言えば、対価を要求しなければならない場合というのは、基本的にはそれほどやりたいことではないことをやった場合ということになります。

お婆ちゃんの肩を叩いて、お小遣いをもらうという時、肩を叩いてあげたい気持ちが止まらずに叩くのではないですね。

一種の労働の対価としてお金をもらうという発想です。会社で働いて、その対価として給料をもらうのと同じことです。

少し病んだお父さんになると、働いた対価として家族からありがとうと言って欲しいと思ってしまうこともあるかも。

もっとひどくなると、子供達に向かって誰のおかげでご飯が食べられると思ってるんだ?などの暴言を吐いてしまうことも。

家族に食事を作っている奥さんやお母さんが、ご主人や子供達から「ご馳走様」と言われないと満足しないというのも同じこと。

こうした発想は全てそこに愛の要素が欠落してしまっているのです。だから感謝してもらわねば気が済まないとなるのです。

対価という考え方自体、それは取引な訳で、そこには愛が入り込む余地はあまりないような気がして残念です。

ーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画もぜひご視聴ください。

瞑想ができる幸運が続いている

聞いた話しではあるのですが、ブッダが生きていた頃に、「自分の内側を深く見つめてみれば、そこには個人というものの片鱗もないと分かって楽になるよ」と言ったとか。

それは良い事を聞いたとばかりに、きっと多くの人が内側へ内側へと入って行ったはず。でもなかなか自分がいないと見抜くことはできなかったのでしょうね。

それについては、現代でも同じことが言えると思います。左脳偏重の社会になって、益々意識的であることが難しくなってしまったかなと。

そしてようやくその反発として、瞑想の効果がまた広く認められるようになってきたりして、多くの人々の意識革命が起きつつあるように感じます。

一年位前から幸運にも瞑想をする人生がやってきていて、それがまだ継続しているのですが、ただ瞑想を妨害する事象も起きてきています。

身体の具合が悪くなってみたり、つい翻弄させられてしまうような事象が周りで数珠繋ぎのように起きてきたりしています。

あれ、自分てこれほど外界の出来事に右往左往させられてしまうんだっけと。その辺を甘く見ていた感じがしています。

ただし、「これもまた過ぎ去る」という魔法の言葉があるので、ドツボにハマるようなことはないので助かっています。

今年の秋辺りになったら、瞑想会でも開いてみんなで一緒に気持ちいい体験を共有できたらいいななんて、ぼんやり考えています。

その時には、ぜひご参加くださいね。

意識的であることが如何に大切か

やっぱり大事なことは、どれほど意識的でいられるかということですね。最も大切なことと言ってもいいかもしれません。

クライアントさんとお話しをしていて、痛感するのはご自身のことについて本当によく分かっていないということです。

外界で起きることばかりに注意が向いていると、どうしたって無意識的な生き方になってしまうということです。

そういう生活が続いてしまうと、自分自身を見つめてみるということをしないままに人生が推移していってしまうのです。

簡単に言えば、自分のことを本当に理解できていないという状態。何も分からないと言った方がいいかもしれません。

よくそんな状態のまま生きてこれたなと思うばかりです。その原因はたった一つであって、明らかに無意識的に生きてきたせいだろうと。

自分の周囲に起きて来る事象に対して、ただ反応するだけの生活を続けてしまえば、それはもうある意味動物と同じなのです。

それはオーバーに表現すれば、まるで夢遊病のようにさえも思えてきます。そこから脱却して、自分は意識的な存在だということを忘れないこと。

とにかく周囲に流されずにそれを見ていればいいのです。見ることに専念することができれば、あなたの意識はちゃんと使われるのですから。

兎にも角にも意識的でいられるように練習しましょう。これができなければ、人生は本当には変化することはないと思ってくださいね。

そのくらい大事なことだということです!

ーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画も是非ご視聴ください。

貧乏暇なし状態

誰もが経験したことがあると思うのですが、何か今日は色々とやることが珍しくあるなと思っていると、そこに追い討ちをかけられるのです。

いつもは、至って暇でこんなにやることがなくていいのかなと思ったりしているのですが、それが急に変化するのです。

今日はそんな日でした。最近動画を撮る時間がなくて、もうあまりストックがなくなってきたところなので、ここらで撮影をしようかなと思っていたのです。

ところが、当日予約が立て続けに二件入ったのです。とそこまではまだ良かったのですが、住まいのネット環境の契約が二つ。

それも解約が一件と新たに契約をする必要もあって、なかなか日程などの調整だとか、意味不明な問題などを解決しなければならなくて、ちょっと難航気味だったのです。

それが今日電話で相手をしてくれた人が非常に優れた人で、あっという間に理解が進んだのと、テキパキとスケジュールを組んでくれたので、ものの1時間くらいの間に全て解決してしまったのは嬉しかった。

それ以外にも頼んでおいたものが入荷したので、それを買いに行ったりして、その合間を使って動画を5本撮りました。

一度に5本撮ったのは二度目ですね。こんな日もあるのですね。貧乏暇なしという表現が非常にマッチしていて、我ながら笑うしかありません。

都合の悪いことを言われると貝のように口を閉ざす人

人間同士の円滑なコミュニケーションというのは、私たち人間がごく普通の生活を営む上では欠くことのできないものですね。

ところが実は、全く目立たないところでコミュニケーションに問題を抱えている人が意外にもかなりいるのです。

例えば、普段はごく普通の会話ができるのに、自分に都合の悪い内容を話されてしまうと、突然応答をしなくなる人がいます。

重症の場合には、本人は自分がそうなってしまっていることに気づいていないので、さらに問題は大きくなってしまうのです。

人前で話をするときに、緊張してしまって頭の中が真っ白になって、何を話していいか分からなくなってなってしまうということってありますよね。

その場合には、自分で頭の中が真っ白になってしまったという自覚がはっきりとあるので、困るのは本人だけなのです。

けれども、先ほどの例で言うと、突然自分がダンマリを決めてしまうという自覚が全くなかったりするわけです。

だから、被害に遭うのは本人よりも周りにいる人たちなのです。そうしたことが親子の間で起きたら、どうでしょう?

子供が親に何か大切な主張をした時に、親がいきなり黙って貝のように口を閉ざしてしまうなら、その子は大きく傷つくことになるのです。

この場合、親のマインドではあからさまな防衛が起きているのです。高機能自閉症と言ってもいいかもしれません。

こういった症状をもった親に育てられたという自覚があるなら、その影響は絶大なので、しっかりと癒しを進めていく必要があると思いますね。

ーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画も是非ご視聴ください。

人はそのままでいいんです

憚ることなく表現すると、私がこれまでセッションを通して出会った人々の中で、人生を台無しにしてしまったなと感じるのは、どんな場合だと思いますか?

それはもう間違いなく、幼い頃から自分じゃない誰かになろうと頑張ってきた人の場合なのですね。これはもう大変です。

AがBになろうとして頑張るわけですから、もうひっちゃかめっちゃかになるのは想像に難くありません。

Aはどこまで行ったってAなのですから。これこそが不可能に挑戦してしまった人生ということになるのです。

これほど馬鹿げたこともありません。だからoshoは言うのです。「あなた自身でありなさい。」と。

これも繰り返しになりますが、私たちにたった一つだけ義務・責任があるとするなら、それは自分自身であるということ。

このたった一つの責任を果たさずに、誰かになろうとするから、人生は必然的に地獄の様相を呈することになるのです。

幼い頃に、こうしたことを日常的に身近で教えてくれる誰かがいたなら、そう間違った生き方をするようにはならないはずです。

人はそのままでいいんです。外側を見れば、誰かと比較したくなって、必ずや自分を卑下したり惨めになったりします。

だから内側に意識を向けて置けばいいんです。できるだけ自分のままで生きることができたら、どんな自分であれ不満は小さくなってしまうはずですね。

私たちの本性自体が至福そのもの

次のoshoの言葉ですが、これを信じてしまうなら取り逃すことになります。これはどうしても自分自身で検証する以外ないのですね。

『至福は人間に内在している本性だ。それを獲得する必要はない。それは再発見すればいいだけだ。私たちはすでにそれをもっている。私たちはそれだ。それをどこか他の場所に探し求めたら、確実に取り逃がすことになる。探すのをやめ、内側を見るがいい。そこではあなたの人生で最大の驚きが待ち受けている。』

私たちは概念として、至福というものがいわゆる幸福感のようなものとは異なるということを知っています。

言葉で説明するなら、幸福感はなんらかの理由があってやってくるものですが、至福感はどんな理由もなくやってきます。

理由があるものは、一過性であってそれはいずれは過ぎ去っていく運命にあるのですが、理由のないものは永続します。

理由なくやってくるということは、正確に表現すればそれはどこかからやってくるというよりも、我々自体に由来するものだろうと。

上のoshoの言葉にもそうあります。「私たちはそれだ。」と言っているのですから。私たち自身が至福だということ。

それなら普段それに気づかないで生活しているのには、理由があるはずですね。その理由とは、自分の本性を忘れてしまっているということ。

思考優位となって、自我として生きている以上は、幸福を外側に探し求めることをやめられないのです。

一方で、独り静かにしているだけで、そこはかとない「大丈夫感」のようなものを感じますが、それも至福感の一面なのかも知れませんね。

ーーーーーーーーーーーーー

こちらの動画も是非ご視聴ください。