幸せを思い出す

自分の幸せとは何だろうということを徹底的に追及していくと、この世界の一般常識とはかなりかけ離れたものになってしまうことが分かります。

つまりそれだけ、通常知られている幸せとはまがい物だということになります。そのことがはっきり分かってしまうと、この世的な幸せというものに全く興味を感じなくなってしまいます。

誰にとっても共通した本当の幸せというものを明確に言えるとしたら、一体それはどんなものか知りたいと思うはずですね。

しかしその答えはあまりにも単純で、人を馬鹿にしたようなことになってしまうのです。非難を覚悟で表現すると、本当の幸せとは、単に自分は本当に幸せだと気付くことなのです。

このときに、その幸福感の理由を説明できないというのが本当の幸せにだけある特徴かもしれません。そして気付くためには何も必要とはしません。物質的な条件もないですし、ただ思い出すということに過ぎないのです。

自分の心の愛の部分に触れると、何の理由もなくそのような心の状態になることができるのです。そのときには、同時に自分には不足しているものは何もないということも分かります。

つまり、誰にとっても真の幸せというものは元々心の奥に内在しているものだということです。そのことに気付くことだけで、突然のように幸福の嵐の中に入ってしまいます。

これは経験した人にしか分からないものですが、それは確かにそうなのです。自分は完全に満たされているという認識を得るのです。

私たちの常識では、幸福感とはそれなりの原因があってこそ、そのような心の状態になれると思い込んでいます。

たとえば、長年目標としてきたことが頑張った末に実現したとか、人生に起こることがいい事尽くめで順風満帆であるような時こそが幸せに違いないと思っています。

しかしそれは錯覚であるし、単なる思い込みなのです。そうした目に見える幸せというのは、決して心の底から満たされているという保証はありません。

本当の幸せというものを体験するためには、この世的な幸せから目をはずしておくことです。なぜなら、この世的な幸せが真の幸せの上に蓋のようにのっかってしまうことで、いつまでもそれを覆い隠し続けてしまうからです。

今まで自分が教えられてきたこの世界のやり方では、決して真の幸せを手にすることはできないとはっきり気付くことです。

みなさんと一緒に全く新たなやり方で、真の幸福感を思い出すことに専念したいといつも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。