助けを請うこと

4輪レースの世界最高峰にF1(フォーミュラワン)というカテゴリがあるのですが、その一昨年のワールドチャンピョンであるジェンソン・バトンという人が今回の日本の震災についてコメントしているのを読みました。

彼は、「日本人はまだ助けて欲しいと訴えていないが、我々はそれを待っている必要はない。」と言っていました。

彼の恋人は日本人の有名モデルということもあるのですが、日本のホンダと共に6年以上もレース生活をしてきたことで、日本人の友人が沢山いるということもあるのでしょうね。

日本の被災地の人たちに対してチャリティを企画したり、様々な活動をしていると聞きました。それ以外にも、各国のF1ドライバーたちがこぞって日本の復興を応援しているというメッセージを沢山聞くことができました。

確かに、日本はまだ全世界に対して、本当に助けて欲しいというメッセージを投げかけてはいないのではないかと思うのです。

こうした大災害のときこそ、世界に向けてできるだけの援助をして欲しいと訴えることがとても大切なのではないかと感じるのです。

今日本人がやらなければならないことは、きっとそれなんだと思います。自分の努力と頑張りで確かに何とか問題を解決してしまえるかもしれませんが、周りの多くの力を欲しいと言えばいいのです。

そうやって、誰もが、そしてすべての国々が単独で成り立っているのではないと、すべてが繋がってそして助け合って存続しているのだということを示すチャンスなのではないかと思うのです。

困っているときに、素直に「助けて下さい」と言えることはとても素敵なことですし、大切なことだと思います。国をあげて、助け合うだけではなくて、全世界に向けて援助を求めることも大切だと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。