性別による違い

よく男性は目的を持って会話するけれど、女性の会話には何の目的もなくて、ただ話しをすること自体が目的だというのがありますね。

私自身は男性なので、確かに何か結論じみたものがないと、話しをすることはないのかもしれないという自覚があるように感じています。

どんなくだらない話しであっても、何を言わんとしているのかということだけは押さえているようなところがあるのです。

それに比べて、女性はただおしゃべりすることが楽しいので、その楽しさを享受することがシンプルに目的なのだということなのでしょう。

こうした男女の違いというものは確かにあります。他にも例えば旅行にいこうとする場合でも、男性はただ何となく行くのではなく、何がしかの目的がそこに必要な感じがしています。

一方女性は、ただその旅行で一緒に楽しめればいいというようなことが多いのではないでしょうか。男性は理由付けがどうしても必要なのです。

男性は自分の言動に対して、理由がないままでいることが気持ち悪いのかもしれません。女性は理屈抜きにして楽しもうとする傾向が強いように思います。

だとすると、この話しの結論は明確で、女性のほうが一歩も二歩も進んでいるということが言えると思います。なぜなら、人生を楽しむのに理由などいらないのは明らかだからです。

男性もそうしたことは、頭では理解できているのですが、いざとなると尤もらしい理由がないと何となく何かが足りない感じがして、純粋にそうしたいからするという生き方から遠のいています。

今までのこの社会が男性性をベースに出来上がっていることによって、男性の方がより、責任や期待への対応を重視するように躾けられているからかもしれませんね。

女性は、より自由に人生を謳歌しようという姿勢が見受けられます。男性はそれを羨ましいと感じつつも、より価値ある自分を作りたくて、なかなかまねが出来ずにいるのです。

これからは、女性性が中心となった社会に変化していくはずですので、性別にかかわらず誰もがよりシンプルな生き方をしていけるようになると感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。